スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト・子羊の心臓料理 

【4月15日(土)の天気】

朝から「春の嵐」で庭の木がしなっていました。
お昼ごろに風はやみましたが、気温は上がらず
また暖房が自動点火。

せっかくのイースター連休というのに
天気予報があたって曇り空、時々小雨。

【ハツ】

先日の質問の答えです。子羊の心臓でした。
牛に比べて臭みもないし、とても柔らかく
すぐ火も通って調理しやすいです。

市場のおじさんが2種類の調理法を
教えてくれました。

今日のは時間が無い時のレシピ。
もう一つはトマト煮込み。こちらは後日。

1)心臓のまわりの脂肪を取り除きます。
kohi1.jpg

 取り除いた脂身はULKO君用にチンします。
 匂いをかぎつけた彼は興奮状態!
↓ULKO君のおやつ。
kohi2.jpg

2)バター(私はオリーヴオイルとバターと半分ずつ)を
 フライパンにいれ、適当な大きさに切った
 心臓を色が変わるまで炒めます。
 長く炒めると硬くなります。
kohi3.jpg

3)味付けはワイン+酢+塩コショウ。
 一番合うのは、りんご酢です。
 ワインは無くてもいいです。

4)アツアツをサラダと一緒に食べると
 美味しいですよ~!
kohi4.jpg

私が子供の頃祖母がお正月に煮ていた
牛の心臓のお醤油煮がとても美味しくて
時々作ります。娘は小さい頃から
「チューインガム」と呼んで大好物です。
こちらはお醤油とお酒で長く煮ます。

【モーツァルト】

今年はモーツァルトの生誕250年という事で
世界各地でコンサートが開かれています。

リヨンもオペラ座では「コジ・ファン・トゥッテ」。
シンフォニーオーケストラも今日は
オールモーツァルトプログラムのコンサートでした。
415-pro1.jpg

会場はパール・デューにあるラヴェルホール。
土曜日の夕方6時開演で超満員でした。

↓無料でもらえるプログラム。
415-pro2.jpg


今年創立100周年の
リヨン国立管弦楽団のメンバーには
日本人女性ヴァイオリニストが
4人もいらっしゃいます。

スーパーソリスト(コンサートマスター)は
お母様が日本人のハーフの女性です。

団員の方に無税のチケットを取ってもらって
10€(1420円)でした。Kさん有難う!

前半は交響曲第1番。めったに聴けない曲でした。
モーツァルトが8~9歳の時に作曲していて、
さすが天才という貫禄でした。

指揮をしたギリシャ人は世界的に
有名なヴァイオリン奏者の
レオニダス・カヴァコスさんでした。

2曲目は指揮棒をストラディヴァリウスに
持ち替えて、3番のヴァイオリンコンチェルト。
オリジナルのカデンツァも素晴らしかったです。

夢見心地の音色でした。さすがストラディヴァりウス!

休憩の後は41番の交響曲「ジュピター」でした。

こちらのコンサートの休憩時間には
売り子さんが客席にアイスクリームや飴を
持ってきてくれるので席で食べていいんですよ!

素晴らしいコンサートを有難う!

【野菜炒め】

昨日は大変豪華なお食事でしたので
今日は庭の初物のニラと
中華食材店で買った白菜の炒め物。
415nira1.jpg

味付けは初めて買ってみたヴェジタリアンソース。
415nira2.jpg

想像以上に甘くてビックリしました。
照り焼きソースより甘いかも…!
415nira3.jpg


【初めて読んでいただいた方へ】

ようこそいらっしゃいました!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

それではまた。★はるるん★

コメント

ULKO君のおやつ!

塩コショウの本体も、ハツの塩みたいで好みですが、ULKO君のおやつもいいなと思います。脂っこいんでしょうか?カリカリになるまで炒めて、脂落としたらいい肴になりそうですよね。

FC2 のブログランキング1位おめでとうございます!

毎日必ずはるるんさんのブログはチェックしています!でも中々コメントを書く余裕がありませんでした。お久しぶりです。今日は、思わずランキング1位になっているのを見て、お祝いの言葉を…っと思い、コメントしてみました。モーツアルトのヴァイオリン協奏曲、本当に洗練されていて、奇麗でしたね。はるるんさんのブログ、毎日の励みになっています。これからも頑張って下さいね!

やはり、、、

カヴァコスの素晴らしさを、皆で共感出来て、嬉しい!待ちに待ったコンサートだったので、興奮しすぎて、毎日夢にまで出てきました。おいしい物を食べる、良い音楽を聴く。人生、こんなに幸せな事はないねえ~!

モーツァルト

フランスに来てからまだコンサートには行ったことありません。小さな子供がいるとやはりなかなか、行かれません。いつか、行ってみたいです。

 それにしても、はるるんさんのお庭のニラ、ごりっぱですねぇ。v-16

カヴァコス

お久しぶり!レオニダス君には彼がシベリウス・コンクールで優勝した時から目を付けていました。今はやりのハッタリ等が全くない音楽に忠実で、大きな体なのにとても繊細で素晴しいヴァイオリニストです。指揮もしているとは知らなかった!聴きたかったなぁ~。
  • [2006/04/17 14:32]
  • URL |
  • バービーの彼氏
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

バービーの彼氏さんへ

お元気ですか?
レオ君ですがドイツのM君いわく、
バービーの彼氏さんの学年のGさんに
雰囲気が似ている…???
言われてみたらそっくりかも!

指揮も音楽的にいろいろ面白かったですよ。
ぜひ機会があったら聴いてみてください!

~~~~~~~~~~~~
なのははさんへ

フランスのコンサートには
託児所つきの所もありますよ。
コンサートの間中ホールの中の一角で
お姉さん達が遊んでくれます。
事前の申し込みが必要なはずです。

小さい子供も入れる子供用コンサートもあります。
4歳以上や5歳以上と書かれています。

ニラは虫もつかないしとても簡単です。
でも種から育てると最初はひょろひょろの
細~い糸のようですから食べれるまでに
3年かかりますよ~!

~~~~~~~~~~~~
P&Bさんへ

素晴らしいコンサートでしたね。
音楽が生き生きとしていました。

ホントに幸せでした~!

~~~~~~~~
あめりんさんへ

毎日有難うございます。

ヴァイオリンの音が混じりけの無い
とても澄んだ音だったのが印象的でした。

クリックいつも有難うございます。

~~~~~~~~~~~~
ishさんへ

なるべく心臓にこびりついている
脂肪だけを取り除こうと思っているのですが
技術不足で分厚くなってしまうので
ULKO様に食べてもらっているわけです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ulko.blog50.fc2.com/tb.php/77-5dea5707

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。