スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お犬様 

ある日、学生の頃からお世話になっている
BIOのお肉屋さんに買い物に行ったら、
店主のおじさんがニコニコしながら
「今日は犬の肉がオススメだ~!」と言いながら、
店の奥に入って行きました。「???…」
すると生後5週間の子犬を腕の中に抱えて戻ってきたのです。

私はこれまでに犬や猫のペットを飼ったことが無く、
自分が犬と暮らすなんてことは想像すらした覚えも無いのに、
なぜかワンちゃんの目に一目ぼれをしてしまったのでした。
目と目が釘付けになるってのはこういうことか!

小さい頃は怖がりだったので、犬を触った記憶もありません。
大人になってからも親戚の家の犬も遠くから見ているだけ。
それが、その子犬ちゃんは私の腕の中で
気持ちよさそうにしているではありませんか!

その少し前に、アパート住まいから庭付きの家に引越していたので、
走り回れる環境もあるし、番犬にもなるかな~と思って
子犬が4ヶ月半になったら我が家の一員になってもらうようにしました。

フランスの犬の名前は登録する時に毎年アルファベット順に
最初の文字が決められています。
我が家のワンちゃんは2003年生まれなので「U」から始まる名前で、
もうすでにお肉屋のおじさん一家が名付けていました。

お母さん犬は「プラチナ」という高級なお名前で、
5匹子犬を産みました。うちのお犬様は末っ子です。
飼い主さんは4匹で終わりだと思っていたんだそうで、
5匹目が生まれてびっくり!おまけに仮死状態で産声もあげず、
他の4匹に比べると小さくて弱々しかったそうです。

プラチナさんが数日後に誤って1匹踏み潰してしまったので
結局4匹になりました。
オスの(UGO・ユーゴ君、ULYSSE・ユリス君、ULKO・ユルコ)
メスの(ULKA・ユルカちゃん)

この「U」の発音は日本人には難しく、「ウ」と「ユ」の間ぐらいで、
毎日何十回も呼ぶ時に、「U」の発音に頭を悩ませています。

フランス人達は、日本語名もつければ~というんですが、「U」から
始まる男の子の名前ってこれまた難しいでしょう。
「浦島太郎」は長すぎるしね~!…ということでULKOのままです。

今日は、「ULKOとの出会い」でした。
次回は「DOG'S COOL」という犬の学校のお話です20060212025417.jpg

コメント

メールありがとうございました。
最近ブログを読むことが私の中でブームです。
毎日チェックしますね。
ULKOはまた大きくなりましたか?
写真、楽しみにしてます。

ULKO!

年ごとに犬の名前が決まっていたなんて!
干支のように歳がわかりますね。

初めまして、履歴からお邪魔しました。
カッコいいワンちゃんですね!
チョコ色の斑点がたまりません♪
ルビパパさんと同じくフランスに住んでらっしゃるんですか。
一度は言ってみたい国です!

お返事

NSPHさんへ

初めまして、ようこそ!

チョコ色の斑点なのに
時々百一匹ワンちゃんと
間違える子供達もいます。

ブラック・デ・ピレネーという
由緒正しきフランス犬です。

フランスにぜひいらしてくださいね!

お誕生日おめでとう!!

 お誕生日おめでとう!!v-238
  私はまだ犬飼ったことないのですが、家族の一員ですよね。
 はるるんママにいっぱい可愛がってもらってください。v-16

お返事

なのははさんへ

ワンワン!有難うございます!
3才の男盛りです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ulko.blog50.fc2.com/tb.php/6-c2aa184b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。