スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヨンバス車庫の壁画・アーティチョークの食べ方 

リヨンのバスTCL車庫の壁画をご紹介します。
111_1197.jpg

111_1190.jpg

バス交通の歴史が昔から現代にいたるまで
壁絵に描かれていて楽しいです。

↓市役所です。
110_1039.jpg

この広場は先日ご紹介した美術館の
中庭から見えるテロー広場です。
市役所と噴水が見えます。
111_1192.jpg

噴水の位置にご注目!
私もこの壁画の噴水の位置から今の位置に
移動する工程をみていました。
場所も変わって90度向きが変わりました。
110_1040.jpg

↓トニーギャルニエホール前に
 トローリーバスが走っていたのです。
 現在は大きなロータリーの建設中で
 渋滞で大変です。
111_1191.jpg

↓ベルクール広場です。
 人形劇・ギニョールの舞台があったようです。
111_1189.jpg

↓宣伝マン達もいたのですね。
112_1202.jpg

↓これは現代の部分。
111_1194.jpg

↓新幹線の通るパールデユー駅前のバスセンター
111_1196.jpg

↓片隅になぜか漫画の主人公がスポーツカーに!
111_1199.jpg

↓つい最近まで走っていた6番と13番のクロワルスの
 丘に登るトローリーバス。乗っていました。
111_1200.jpg

↓今は車が走るクロワルスのトンネル
111_1188.jpg

↓現在もよく見かけるブルという遊び。
 南仏とはルールが違うとか…。
112_1201.jpg



【今日のおやつ】

先日小豆を煮たのを、冷凍して
「小豆バー」にしていました。
今日は太陽が出て少し暖かい一日でしたが
暖房のそばで食べる「小豆バー」は美味しかったです!
写真に撮るのを忘れてしまいましたけれど…。

【今日のお野菜】

アーティーチョークの紫と緑。
蒸し器で蒸してもいいし、
お鍋で茹でてもおいしいです。
112_1208.jpg

今日は塩を少々入れたお鍋で茹でました。
まわりが簡単にはがれるようになれば
出来上がり。
112_1218.jpg

112_1219.jpg

フランス人はドレッシングにつけて
食べますが、私は何もつけないで
そのまま、食べるのも好きです。
お好みで「わさび醤油」も…。
112_1221.jpg

どんどん剥いていくと
やっと花のガクの部分が現れます。
112_1223.jpg

茎に近い方も歯でかじって食べます。
112_1224.jpg

剥くのが面倒な人用には
冷凍も売っています。
でも、新鮮な物の方が美味しいです。
食べ終わった後のお皿の上を見ると
それぞれの性格が表れて面白いですよ~!

それではまた。★はるるん★

コメント

アメリカにいた頃、大好きで大好きでよくアーティチョークを食べていました。が、日本ではどうやったら手に入るのか、こちらではまだ一度も食べてないのです。アーティチョークに、カレー粉を混ぜたマヨネーズで。真ん中のアーティチョークハートの部分が香ばしくておいしいですよね♪恋しいです。

お返事

oliviaさんへ

マヨネーズにカレー粉のソースを
試してみますね!美味しそう!

日本だともしあっても
ものすごく高いでしょうね~!
冷凍物や瓶詰めもないのでしょうか?

わぁ~、こんな楽しい壁絵! 知りませんでした。
バスの車庫ですか。。。Part Dieuの近くでしょうか? 見てみていです。

テロー広場の噴水、あの位置じゃなかったのですね!びっくり。

お返事

学生さんへ

リヨンの壁絵っておもしろいのが
たくさんありますね!

どんどんアップしていきましょうね!
クロワリュスのも見ましたよ!

このバス車庫はラカサーニュ通りです。
28番のバスでグロンジュ・ブロンシュに
行く途中で見れますよ!
あっ!学生さんはもうしっかり
自転車派でしたね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ulko.blog50.fc2.com/tb.php/44-69b00b22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。