スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヨンシティーカード 

リヨンの美術館です。
110_1041.jpg

7000�に、古代ギリシャ時代や古代エジプトの芸術品、
彫刻、中世時代からの絵画(1800枚)が展示されています。
110_1035.jpg

美術館の建物はリヨン市の中心地の市役所の
すぐ隣に位置し、交通の便利も良いです。

↓中庭からテロー広場(市役所前広場)を見た所です。
110_1038.jpg

建物は7世紀に修道院として建築され、
17世紀に改築されました。
1803年から美術館として市民に開放されました。
110_1036.jpg

周りの喧騒が聞こえない中庭は市民の憩いの場です。
中庭を囲むように70もの展示室があります。
110_1033.jpg

冬の間、噴水はお休みです。
110_1037.jpg

110_1034.jpg

110_1032.jpg

110_1031.jpg

美術館の建物の1階には美容院やチョコレート屋さんや
地下駐車場の入り口もあります。
110_1042.jpg

110_1043.jpg


この美術館以外に、博物館や装飾美術館など
訪れたい場合はリヨンシティーカードを
購入すれば便利ですし、かなりお得です。

リヨンシティーカード1日券…18ユーロ(2556円)
ジュニアカード(18歳以下)…9ユーロ
Lcc20120web.jpg

リヨンシティーカード2日券…28ユーロ(3976円)
ジュニアカード(18歳以下)…14ユーロ
lcc202.jpg

リヨンシティーカード3日券…38ユーロ(5396円)
ジュニアカード(18歳以下)…19ユーロ
lcc203.jpg


以下の美術館はリヨンシティーカードを購入
すると、入場無料です。

リヨン美術館
トニー・ギャルニエ美術館
絹織物・装飾美術館
アンリ・マラルトル美術館
ガダーニュ美術館
フルヴィエール美術館
近代美術館
市民救済美術館
ガロ・ロメーヌ美術館
ラクロワ・ラヴァル美術館
自然歴史美術館
印刷美術館
リュミエール映画美術館
アフリカ美術館
強制収容とレジスタンス歴史館
カニュ美術館
国際ミニチュア美術館
アンペール電気美術館

その他にも1)から8)まで無料です。

1)リヨンのツーリストオフィスの
 ガイドツアーに参加できます。

2)MP3のオーディオシステムを借りて
 説明を聞きながらクロワ・リュスと
 旧市街を見学でき、地図ももらえます。

3)4月1日から10月29日までローヌ川の
 船上クルーズもできます。

4)フルヴィエール(丘の上の教会)
 バズィリックの見学、
 塔の入場料も含まれます。

5)リヨン国立シンフォニーオーケストラ、
 オペラ座の地下の「小ホール」、
 ゾンゾンカンパニー
 ギニヨル(人形劇)

これらの公演は席に限りがありますので
予約をなさった方がいいです。

6)リヨンのバス、メトロ、トラムウェイ
 登山電車も無料券が含まれます。

カードを提示すると割引も受けられます。

7)ベルクール広場のツーリストオフィスの
 お土産の購入が10%オフ。(書籍以外)

8)パール・デューのデパート
 ギャラリー・ラファイエットの
 10%オフ。(赤印以外)

他にもいろいろ割引を受けられます。
詳しいパンフレットはツーリストオフィスにあります。


今日のデザートはショソン(パイ)でした。
普通はりんごジャムが入っていますが…。
110_1073.jpg

これはフランボワーズとクリームです。1,7ユーロ(242円)
110_1074.jpg

もう少し暖かくなったら美術館めぐりをしようかな~。
18年も住んでいますがまだ全部の美術館には
行ってません。
シティーカードを使って住んでいる町を
観光して見るのもいいかもしれません。

それではまた。★はるるん★

コメント

プチおひさしぶりでした。

このカード、表面に英語の記載があるんですね。
フランスらしくないなぁ…。
やはり観光で収入を得るためには止むを得ないのかな。

パイ、美味しそうです。
先日の食事の紹介記事もそうでしたが、
なんでもたっぷりしているのがいいですね。

はじめまして!!
フランスのかぁv-238
去年の今頃はパリにいて
海が好きだったのでニースまでなら行きましたが・・
リオン あの時お金に余裕があったら
やはり行きたかった。。
フランスって建物一つ一つが芸術そのものですよね!!!!
ちなみにニースにKei`s Passonという有名なレストランがあります!!友人がやってるので機会があったら行ってみてください☆
今年は星☆を狙ってるみたいなので!!

初めまして
リヨンから3時間程のところに住んでいます。お料理や野菜の情報とっても参考になります。有難うございます。

住んでいると、かえって行かないところってありますよね。
私も9年もいたのに、知らないことがいっぱいです。
ゾンゾンカンパニーってナニ?!

ミュゼ

 なんか名前も知らない美術館があります。リヨンに来てもうすぐ3年ですが、行ったことあるミュゼは数少ないです。いつでも行けると思うとかえって行かないんですよね。パリに住んでいた時はよく美術館に行っていたのですが、地方ではさっぱりです。
 フルヴィエールのバジリークの付属の塔に登るのは有料ですが、前にリヨン観光に来た知人と登った時、半額になりました。入場券を頼むと、向こうの言い値が書いてあるのの半額で、不思議に思ってチケットを見ると「子供」と書いてある。そこで「これは子供用じゃないですか。」と言うと「いいんだ、いいんだ。」とのことで、子供料金になってしまいました。理由は不明です。安くなったわけですから、いいですけど。

あ~私の大好きな美術館!本当に建物、中庭、素敵ですよね~☆
シティカードは初めてリヨンに来た時に観光案内所で発見して買いました。とっても便利でした。乗り物券もついてますしね~。
これだけ入れるのですね。私はまだ半分しか行ったことがありません。。。

お返事

まゆのさんへ

私もこのシティーカードの事を調べているうちに
リヨンにこんなに美術館があるんだな~。と知って
びっくりしました。
教会関係の方はボランティアで奉仕を
なさっている方が多いですから
「子供料金」にしてくださったのでしょう!

~~~~~~~~~~~~~~~
麻さんへ

ゾンゾンカンパニーは劇団です。
私も長くリヨンにいるのに
いわゆる「観光」をしていないですから
休みの時など「おのぼりさん」になって
日本人観光客を演じてみましょうかね~!

~~~~~~~~~~~~~~
きみさんへ

初めまして。ようこそいらっしゃいました。
フランスの生活は如何ですか?
こちらは便利な生活ではありませんが
時間がゆったり流れる気がします。

美味しい物もたくさんありますから
いろいろ挑戦してみてくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~
makiさんへ

ようこそいらっしゃいました。
ニースには1987年の夏に1ヶ月滞在しました。
海辺が砂浜ではなく、石ころで驚きました。

ニースに行ったらぜひレストランを
訪ねたいと思います。

教えていただいて有難うございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
新三さんへ

このカードは観光客目当てだと思うので
英語表記にしたのでしょう。

パイもお料理も美味しくて太ります!

こちらの食事にあわせて胃袋の容量も
増えた気がします!

プチ有難うございました!

お返事

リヨン学生さんへ

中庭は静かで落ち着きますよね。
サンドイッチを食べに時々行きます。

シティカードは便利ですね!

美術館の紹介を

ありがとうございました。

建物、庭、それぞれに存在感があって、ぜひとも訪れてみたい雰囲気たっぷりですね(^_-)

なるほど、そういうカードがあると、買って利用した方が得ですよね。うーん、利用する人のことを考えて作られてるシステムですね。1日用、2日用、3日用と分かれているのが素晴らしいです。

日本でも温泉地に行くと「湯巡り手形」があって、何箇所かは半額で入れたりしますけど、当日と翌日だけ有効だったりします。ああ、塩原のは1年間有効でした。

会津に行った時は、1割引だの100円引きだのがたくさん印刷されている物があって、それをいちいち切り取って使うんです。これこそ、カードだったらすごく便利ですよね。

きょうは、2時間かけて、ここのブログを全て読ませていただきました。いろんなカルチャーショックがあって、面白かったですよ。「靴」「食材」やっぱり違うこと多いですね。「サランラップ」は世界共通かと思い込んでましたから、驚愕の事実でした(゜o゜)

また、寄らせていただきますね。では!

お返事

miwaplanさんへ

2時間もかけて読んでいただいて恐縮です。
有難うございます。

温泉地の湯巡りですか。いいですね~!
日本人はお風呂好きですよね。
フランス人はシャワー派が多いと思います。

カルチャーショックはフランスからお隣の国の
イタリアやドイツに行ってもかなりありますから
遠い日本とはいろいろ違いがあって当然です。

少しずつ皆さんにフランスの普通の生活の様子を
お伝えしていきたいと思いますので
またいいアイディアをお願い致します!

リヨンシティーカードについて

 
こんにちは。初めまして。
 
来月、初めてリヨンを訪問しようと思って計画中です。
それでいろいろ検索していて、「リヨンシティーカード」というのがあることを知りました。
さらに調べていて、いくつかのHP/ブログで、このカードで入れる美術館は「1日1館」だという記述を見ました。
もしそうなら、乗り物が無料になっても元が取れないような気がしています。
リヨンには2日半いる予定なので、「2日券」を買おうと思っているのですが、実際はどうなのか、ご存じないでしょうか?
 
古い日記にレスをつけてすみませんが、よろしくお願いします。
 

Kenji07 さんへ

こんにちは。初めまして。

リヨンシティーカードのホームページは
フランス語ですが、こちらです。
http://www.lyon-france.com/page/p-528/art_id-/?id_produit=7

1日に何館でも見学できますよ。
どこの記事に「1日1館」が出ていたのですか?

返事、ありがとうございます!

 
こんにちは。
 
早速の返事、ありがとうございます。
 
これで安心してカードが買えます!
 
> どこの記事に「1日1館」が出ていたのですか?
 
例えば、 http://www.euro-tour.co.jp/city_cards/ です。
 
あと1つ、個人のサイトだったと思うのですが、同様のことが書いてありました。
 
夏だと、クルーズなどもあるのに、冬は利用できるものが少ないのに同じ価格というのが少し悔しいです。(笑)
 
また何か調べているうちにわからないことが出てきたら、教えてください。m( _ _ )m
 

日本語のリヨン観光案内

Kenji07さんへ

日本語のリヨン観光案内のページを
見つけました。

http://www.en.lyon-france.com/page/p-812/art_id-/

 
いろいろとありがとうございました。
 
2月9日、10日、11日とリヨンに滞在します。
教えていただいた「リヨンシティカード」でモニュメント巡りをしたいと思います。
 

Kenji07さんへ

リヨンは毎日寒い日が続いています。

観光なさる時はスリに十分お気をつけ下さい。
なるべく現金は持ち歩かずカードでの
支払いをお勧めします。

リュックサック型のバックや
ウエストポーチは狙われます。

リヨン滞在中もお困りの時は
インターネットカフェからこちらの
ブログにご連絡下さい。

よい旅を!ボン・ヴァイアージュ!

リヨンへ行ってきました!

 
こんにちは。
 
予定どおり、2月9~11日までリヨンに滞在して、主なところを見学してきました。
 
ただ、残念ながら(?)「リヨンシティーカード」を買うことができませんでした。
でも、冬場はむしろこのカードを買っても元が取れないような気がします。
 
私のつたない「リヨン旅行記」、よければ読んでください。
 
お世話になりました!
 
【リヨン初日】
http://plaza.rakuten.co.jp/kenji07/diary/200702090000/
http://plaza.rakuten.co.jp/kenji07/diary/200702090001/  

(続き)

 
【リヨン2日め】
http://plaza.rakuten.co.jp/kenji07/diary/200702100000/
http://plaza.rakuten.co.jp/kenji07/diary/200702100001/
【リヨン3日め】
http://plaza.rakuten.co.jp/kenji07/diary/200702110000/
http://plaza.rakuten.co.jp/kenji07/diary/200702110001/
 
なお、私のグログは、「楽天会員のログイン状態」でしか、書き込みはできません。ご了承ください。
 

Kenji07さんへ

こんにちは。

リヨンの旅行記全編を読みました。
少しだけ情報の間違いがありましたので
来週またコメントしますね!
ちょっと仕事がたてこんでいるので。

とても楽しく読ませていただきましたよ~!

コメント、よろしくです。

 
こんにちは。
 
掲示板や日記のレスに対して、あまりにもろくでもない広告がので、「楽天の会員」でしか書き込みできないように設定してあります。
何か間違いがあるとのことですが、こちらでその旨言っていただければ、「キーを解除」します。
コメント、お待ちしています。m( _ _ )m 

kenji07さんへ

こんにちは。
kenjiさんのブログへのコメントを書けないので、
こちらに書きますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~
こんにちは。リヨンの★はるるん★です。

少しずつ、間違いや勘違いなさっている所を
訂正しますね!

>>>市内へ行く地下鉄ぐらい作れよ・・・と
思っていたのですが、飛行機が着陸する寸前に
立派な線路が見えたので、
国鉄を建設中なのかもしれないと思いました。

★★★空港から見えた線路は新幹線(TGV)の物です。
リヨン市内には数年後にトラムウェイを
走らせるという案があります。

リヨン市内の数箇所と新幹線の駅2駅を結ぶバスは
20分おきに出ていますから、予約もせずに乗れますし、
とても便利だと思います。

>>>建物を目指してスーツケースを押して歩き始めましたが、そのホテルに直線的に通じる道路の歩道が
幅60cmぐらいしかないんです。
人がすれ違えません。

★★★歩かれた道は本来は人が歩いてはいけない
自動車専用道路です。鉛筆の塔には
駅の目の前のショッピングセンターを通って、
エスカレーターに乗り、2階に上ると
広々とした屋根付き連絡通路で直通で行けますよ!


>>>下のほうの画像の丘は「フルヴィエールの丘」で、
そこに建っているのは『サン・ジャン大司教教会』です。

★★★フルヴィエールの丘の上の教会は「ノートルダム」です。
丘のふもとにあるのが、「サンジャン教会」です。


>>>トータルで1泊5万円近いのかぁ~、すごいなぁ・・・。

★★★お泊りになられたホテルは高級ホテルですよ~!

今日はこれまで~!

ではまた。★はるるん★

リヨンカードについて

リヨンカード、オンラインで購入可能なようなのですが(しかも10%引き)、これは、オプションの0.80ユーロの手数料で日本まで郵送してもらえるのでしょうか。 コンサート等の予約は、カード購入前でも可能なのでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ulko.blog50.fc2.com/tb.php/40-12510b63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。