スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIOスーパーの食品 

BIOのスーパーには、変わった食品があります。
↓これは皆さんよくご存知の食品ですが…。
109_0955.jpg

TOFUの文字の通りお豆腐なんですが
黒オリーヴが交ぜ込んであるので
見た目はアオカビチーズもどきです。

切ってサラダにのっけて、食べます。
お豆腐だと思わないで食べれば美味しいです。
歯ごたえのあるお豆腐です!
ちょっとお味噌汁にはむきませんね~!
もちろん白い普通のお豆腐もあります。硬いですが。

↓こういうバリエーションもあります。
109_0964.jpg

カレー味でPAVOT(けしの実)のトッピング。
フライパンで両面5分温めて食べる
ベジタリアン用のハンバーグです。

↓こちらも、日本でよく食べる食品ですが…。
109_0952.jpg

左が小豆。350g、2,1ユーロ(298円)
右は大豆。175g、1,53ユーロ(217円)

↓普通の小豆もあります。
109_0954.jpg

こちらには豆を甘く煮る習慣がないので
小豆の食べ方は、野菜や肉と塩で煮込む料理です。

オートミールのようにつぶしてある状態を
FLOCON(フロコン)といいます。

↓これは何のフロコンでしょう? 
109_0958.jpg

一人前大匙4杯を500mlのお湯の中で2分茹でたら
火を消しふたをして15分で食べれます。

塩味でも砂糖味でも良いと説明してあります。

日本では見かけないと思いますが、お米です!
おかゆを一人分作るのが面倒な時に便利です。

普通の野菜スープにいれても
とろみ代わりになります。

↓甘味料も買いました。
109_0957.jpg

左がタイムの蜂蜜。
真ん中が米飴。RIZはお米の事です。
右はゴマペースト+とうもろこし飴+麦飴+黒糖。

パンに塗ったり、ホットケーキに塗ったり
お菓子を作る時に白砂糖の代わりにも使います。
タイムの蜂蜜は喉が痛いときにいいみたいです。

↓お醤油も買いました。
109_0948.jpg

左が普通のお醤油。右はたまり醤油です。

お醤油の会社ページ

BIO(有機農業)の食材はお値段が高いのですが
私は勤め先から毎月19枚(病欠すると減ります)発券される
レストランチケットで支払います。

私の職場のチケット1枚は6,5ユーロ(923円)ですが、
半分を雇用主が支払ってくれるので
毎月の給料からは1枚につき3,25ユーロ
(461,5円)引き落とされるのです。

会社の中に社員食堂がない所の多くは
このチケットシステムを採用しています。

リヨンにはレストランがたくさんありますから
このチケットで半額で食べれる方が
毎日同じ食堂で食べるよりもいいですし。

レストランに行かない人も、スーパーで
食料品を買ったり、お肉屋さんでお肉やお惣菜を
買ったりできます。
私はもっぱらBIOのお店の調味料や食材を買います。

↓このマークのお店でチケットが使えます。
109_0946.jpg


私はベジタリアンではないので、お肉も食べますが
朝市のおじさんと顔見知りになり、
いつも相談してお肉を買います。

↓おじさんのお惣菜3品です。
20060308015418.jpg

20060308015351.jpg

20060308015330.jpg


3月7日のバスやメトロのストライキは3分の2ほど
動いていましたので、助かりました!
朝と夕方の渋滞はいつもより多かったです。

それではまた。★はるるん★

コメント

豆腐にカビが生えたのかと思いました(汗)こんな豆腐があるんですね。
でも、チーズだと思って食べれるんならカロリーも低いしいいですね♪

凄いですね。
勉強になります!
tofouなんてトフォー?って発音するのかしら。面白いですね。あのカビみたいな豆腐も、寿司に乗せたりするんでしょうかね(笑)
いつも楽しみです。いろいろ情報ありがとう!^^

食べてた!

豆腐ハンバーグ、リヨンにいた時に食べていました~!朝市も懐かしい。テリーヌやお惣菜も科っていた頃がありました。

それはそうと、フランスはなんだか不思議な所です。社内食堂が少ない会社はチケットがもらえてレストランで食べられるなんてすごくいいシステムだと思います。

なのに、先週末、私はフランスから手紙を受け取りました。その名もtaxe d'habitation.. 8日以内に払え!でないと家具を取りに行くぞ。との最終的な手紙。。というか、今まで一度もTAX払えなんて手紙もらったことなかったのに、初めて私の手元に届いた手紙が最後の通告・・。2004年分のTAXの支払いなのですが、半年も住んでいない私に、そして2年近くも前にフランスを引き払っているのに、なぜ今頃?!
わけのわからんことばかり。

フランスは私の理解を超える国でございます。はい。
  • [2006/03/08 10:19]
  • URL |
  • ゆっこ スイス
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

BIO

始めまして!

同じくローヌ・アルプ地方に住んでいるのですが うちはアン県・・・田舎です。
BIO専門のスーパーがあるのですか?羨ましいです。こちら普通のスーパーにBIO品が少しあるだけ・・・それも あまり買う人が居ないのか 鮮度が悪いです。
それに 同じフランスなのに 食品の値段が そっちの方が安いなんて??
や~っぱり都会は 良いですね!

Bioの店

 リヨンの西側の郊外、CRAPONNEにも大きめのBIOのスーパーがあります。洗剤から何から全てBIOで、こんなものもあるの?というものにお目にかかれます。しいたけのペースト、という不思議な物を買いました。別にまずくはなかったんですが、特別おいしいものでもなく、又買おうとは思いませんでした。Bioの物っていつもそうなるんです。お豆腐類もしかり、好奇心で買って、一回限りで終わっています。で、性懲りもなくまた別の物を買う、ということの繰り返し。

固い豆腐

ありますよねー。
ぎゅっとつまってて大豆度は高いんだけど。
手のひらの上で切って(けっこうあぶない)、お味噌汁にはなしたら、たくあんのようにズラズラ~っとつながっていました。

まゆのさんへ

しいたけのペーストは、まだ試した事がないです。
う~ん、乾燥しいたけも、最近は生しいたけも
リヨンで手に入りますから、ペーストは…。

Bioのお勧めはスパゲッティ類です。
最近よく買うのは、キノワの
パセリとニンニク味のパスタです。
茹でた後に、オリーヴオイルと
少々のお醤油だけでも美味しいです。

豆乳のヴァニラ味も美味しいですよ。

~~~~~~~~~~~~~~

加代子さんへ

初めまして!ようこそいらっしゃいました。
加代子さんのホームページ拝見しました。
ヨーロッパに長くいらっしゃるんですね。

私はリヨンに住み着いてしまったので
他の町の事は分かりませんが、
日本に夏1ヶ月行って、こちらに戻ってくると
リヨンがものすごく遅れている田舎に思えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ゆっこさんへ

taxe d'habitation(住民税)を甘く見てはいけません!

日本に帰った学生さんの実家へも請求書は
送られるのです!おまけに延滞料も加算されて!

住民税の請求は、税務署が大家さんにして、
大家さんがゆっこさんの事を
申告したのでしょう。

住民税は各年の一月一日に
住んでいた人が払う規則です。

とにかく早く説明の手紙を
速達書留郵便で税務署に出してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

寿司屋のおかみさんへ

TOFU の表記だと発音は トフュ
TOFOU はトのあと、口を蛸のように尖らせた フウ

というわけです。どちらも変ですけれど!

カビ豆腐は見た目より美味しくて
全く別の食べ物だと思うと結構いいんですが、
さすがにお寿司にはなりませ~ん!

おかみさんのページを宣伝しています!

~~~~~~~~~~~~~~~~~

YUKIさんへ

お豆腐はハーブ入りのもあります。
チーズも豆腐も蛋白源だと思って
食べていますが、
フランス人の友人が
こちらで買える絹ごし豆腐をガラスの器にいれ、
グラニュー糖を山のようにかけて、
グルグルとかき回し、
デザートとして食べていたのにはビックリ!
豆腐チーズケーキは美味しいですけれどね!

生の豆腐はちょっとお砂糖とは相性が???
所変われば…ですけれど~!
~~~~~~~~~~~~~~~
麻さんへ

堅いお豆腐は逆にマーボー豆腐にすると
崩れなくてしっかり具の存在感があって
いい感じですけれどね~!
お味噌汁に入れても箸でしっかり
つまんで食べるとなんとなく酸っぱい
お豆腐ですよね!
あ~!日本のざる豆腐で冷奴とか
湯豆腐とか、やっぱりいいよね~!

しいたけのペースト

これはしいたけを食べたい人が買うものではないようです。パテみたいな感じで缶詰になっているのですが、しいたけの形とかはみえなくて、パンに何か塗りたいんだけど、お肉はだめ、という人向きです。フォアグラの代用品みたいな感じのものでした。味はフォアグラには似ていませんけど。

うわぁ~、見たことのない食材ばかり。bioのお店って楽しそうですね。
どこにあるのでしょうか?

お返事

BIOの店はPERRACHE 、MASSENAのメトロの近くにある
、L'EAU VIVEや
Cours Lafyette やGrange blancheの
BIO plaisir が交通の便がいいと
思います。
ぜひ、お試し下さい!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ulko.blog50.fc2.com/tb.php/35-9bbf3e5f

ドイツのお豆腐

最近はフランスでもドイツでも、お豆腐が買えるようになりました。健康食品として、BIO(有機無農薬農産物=オーガニック)のお店には常時、何種類かの豆腐が並んでいます。フラン
  • [2006/03/22 22:20]
  • URL |
  • ハイデルベルグ日記 ~森の小道3番地~ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。