スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車事情・KASHA話 

お昼ご飯はサンドウィッチでした。
106_0607.jpg

↑ツナマヨネーズ牛乳パンサンド…2,90ユーロ(412円) 中身は↓
106_0608.jpg

↓お菓子パンはアンズデニッシュ…1,20ユーロ(170円)
 すごい迫力!大きいので娘と半分こです。
106_0605.jpg

↓アーモンドクリーム入りパイ…1,10ユーロ(156円)
106_0606.jpg

↓明日の朝食用のシリアル入りパン…1,25ユーロ(178円)
106_0610.jpg

昨日ご紹介した「蕎麦の実」は、
フランスのお店では「KASHA」と明記してありますが、
今日、職場のロシア人に聞いた話によりますと、
「KASHA」は料理の方法の事だったのです。目から鱗!

お鍋の中でぐつぐつ煮込む事を「KASHA」というそうで
ペレストロイカ以前の食べ物が無い時代は
蕎麦の実ばかり煮込んで食べていたそうです。

それを食べたフランス人が「蕎麦の実」=「カーシャ」と
勘違いしてしまったのでしょうね。

お米もぐつぐつ煮込むと「カーシャ」だそうです。

こういう勘違いは多々ある事で
フランスと日本の双方でもいろいろあります。
先日コメント庶民のお惣菜)にも書きましたが
ビックリしたり笑えるものもあります。

ところでロシア人の彼女が蕎麦のレシピを
教えてくれたので書いておきます。
勇気のある方は試されてコメントを下さい!

『蕎麦の牛乳煮物』(私は…試しません!)
 
1)蕎麦の実はお湯で15分以上煮る。
2)牛乳を加えて煮る。
3)塩コショウをして食べる。
 
デザートにするには…

2)のあと、お砂糖をたっぷり入れて煮る…!!!

彼女はこのデザートが好きだそうです!

フランスにはお米を牛乳で煮て、
カスタードクリームをいれた
粒の残るおかゆ状態のデザートがありますが…!
これはいまだに好きになれないデザートです。

やっと話がフランスに戻って来たところで
今日の話題の車事情です。

フランスの車のハンドルは左座席にあり、
道路は右側通行ですから日本とは逆です。
我が家の車は、ギアチェンジは右手、
ウィンカーとワイパーは左手で操作します。

フランス人の乗っている車は、ほとんどマニュアル車で
オートマ車の中古車を探すのには苦労します。
日本人の方がオートマ車を売る時も
買う時も日本人同士という事が多くなります。

オートマ車を運転した事が無いフランス人が
大半を占めているので、普及しないのでしょう。
1回乗ったら、便利さに驚いて
受け入れると思うのですが…。

レンタカーの予約も必ず「オートマ車」と
言わなければいけませんし、いつも
オートマ車が借りられるわけではありません。

車の故障の時の、修理期間中に貸してくれる車も
もちろん、マニュアル車。オートマ車なんてありません。
あ~何回エンストしたことか~!


電子レンジも私が「便利だよ~」といくら薦めても
「うちはガスで温めるからいらないよ。」という
お返事ですから…。電子レンジは
最近39ユーロ(5538円)でスーパーに売ってるのにな~。

日本に行った時に実家の車を運転すると
最初の日は、いつもの癖で、お天気の日に交差点で
ワイパーを動かす事になります。ウインカーを出すつもりでつい…。

日本と同じ右ハンドルの国イギリスとフランスはトンネルで
繋がっていますから、たま~にリヨンでも
(GB)マーク(英国・グランド・ブルターニュ)をつけた
車が、みんなの注目を浴びます。
フランスの高速道路料金所では、ちょっとお困りの様子。

フランスは車購入にあたっての『車庫証明』は必要ありません。
皆さん路上駐車です。無料の所もありますし、
リヨンは駐車料金が3段階に分けられています。
地区の住民には1日券などの割り引きもあります。

車のバンパーはぶつかった時のショックを
和らげるものという大前提の下で、
皆さん堂々と前の車にも後ろの車にも『触って』駐車します。
時にはバンパーで押したりして、自分の場所を広くします…!

車の状態は車検が始まったのがここ数年の事ですから
15年前ぐらいの車もたくさん走っています。
かなり古くてポンコツ車のことを
フランス語(俗語)では「タコ・TACOT」といいます。

新車を買うと、すぐに車体を金属(鍵等)で
傷を付ける悪者達がいるので、少々古びた車のほうが
安心なところもあります。

車の車内にくれぐれもバッグやコートなど
置いたままにしないでください。
窓ガラスは簡単に壊せるので被害に会います。

私も何回か窓ガラスを割られましたが、
『日本の童謡』のカセットテープや、
日本語の子供の絵本しか車内になかったので
彼らはきっとがっかりした事でしょう!

フランスで、割られた窓にビニールを
ガムテープで張っている車が走っているのは
そういうわけでした。お気をつけください!

次回の車情報は、運転免許についてです。

それではまた。★はるるん★

コメント

私も・・・

さきほど、お昼にホットドッグを食べました。
写真は夜にでもUPしようかなぁと思っています(^^)
今から外出なので・・・。

で、はるるんさんの写真を見て、
「お!ホットドッグ!」と思ったんですが、サンドイッチなんですね。

車のお話、おもしろ~い!
フランスはマニュアル車が多いんですか?
日本では、マニュアル車に乗っていると
「え~?!なんでマニュアル~?」って聞かれるもんねぇ。。。
という私は、マニュアル車に乗っているんですけどね(^^;)

車の運転が好きで、オートマに乗っていたのに、
3年ほど前にマニュアルに変えちゃったんですよ~。

車の運転

縦列駐車で、後ろのアウディと前のベンツに3回ずつ、バンパーにゴンゴンゴンv-12とやっているトゥインゴを見たことがありますが、日本でそんなことやったら、生きて帰れないですよね。相手によっては。

>フランスにはお米を牛乳で煮て、
>カスタードクリームをいれた
>粒の残るおかゆ状態のデザートがありますが…!

「ミルクがゆ」は日本にもありますが(食べたことはないけど)
カスタードクリームですかっ!うーーん…
超甘党の人なら食べるかも。

私の行くブログの方が、まんじゅうと白米を一緒に食べられるとおっしゃってましたから(笑)要するに「まんじゅう」はおかずなわけです。その他にもバリエーションがあるようで、ケーキと白米でも食べれるようです。好みですかね~

車もマニュアル車が主流なのも驚きです。
私は、エンストしまくりそうだ(笑)

>皆さん路上駐車です

日本の都会だったら、即効でレッカー移動&罰金2万円近くと+レッカー代ですよね~。

うーーん。まだまだ、興味深い事が色々ありそうです!
また、来させて頂きます!

 カスタードクリームとお米のデザート、日本人は抵抗があるみたいですね。ずっと前ですが、イギリスでホームステイしていた時、ホストファミリーが「日本人はみんな気持ちが悪がる料理だから。」、といってわざわざ出してくれました。私個人的には、日本のご飯とは違う別の料理に思えたので、全く気にならず、おかわりまでしていっぱい食べました。(嫌味!)フランスに来た今も、時折食べています。わざわざ自分で作ったりはしませんが、市販のものがあるので、買うこともあります。そんなにまずいものですかねー?
  フランスでオートマが普及しない理由はいろいろあると思います。まずケチなので、オートマのほうが高い、となるとそれだけで買わない。それから何かと頑固で保守的なので新製品を敬遠する。「ヨーグルトはこれしか買わない」みたいなことを自慢そうに言う人がいる国ですから、高価な新しいものをわざわざ買ってみようとしないのが国民性なのでしょう。それから、機械オンチのくせに、変なところで通ぶるので、「ギア操作に運転の喜びがある」「自分の走りに合わせたエンジンの回転を選びたい」などと大した運転技術でもないのに偉そうに言う。「正しいエンジン回転数を選んだほうがガソリンの節約になる。」という意見も耳にしましたが、自分が操作する回転数が正しいとは限らないので、かえってガソリンをくってるのに気が付いていないだけ、という気がします。さらにここが一番重要なのかもしれませんが、フランスは日本に比べると都市部が少なく、田舎のみを走っている人が一般的です。ある程度の都市でも日本とは規模が違いますから、交通量も大したことがなく、渋滞があってもしれています。ローギアをかちゃかちゃと入れ替える必要がないので、ミッション車でも不都合がないのではないでしょうか。これらのいろんな事情が重なってオートマが普及しないのではないかと思っています。
 車に対する感覚も日本とは違ってますよね。私は免許をフランスで取ったのですが、講習中、縦列駐車の練習で車をバックさせていて、後ろの車に当たりそうになったので車を止めたら、「まだ当たっていない、もっと下がれる。」と注意されました。「当たっちゃいけないんじゃないの?」と驚きましたが、今では私も平気で当たるまでバックしてます。
 自動車学校も、日本のような設備はいっさいなく、事務所があるだけですよね。最初からいきなり路上講習で、何も知らないのに時速90キロで走らされました。1時間アクセルを踏み続けて、足が筋肉痛になった記憶があります。
 いい言い方をすれば、車の運転について大らかな国ですから、日本で運転したことがない私は、日本で運転するのは無理なんじゃないか、と思ってしまいます。

kasha

はるんるんさん、カシャの作り方有難うございます。大感激。エストニアに講習会に行った時に、2週間毎日蕎麦のカシャが朝御飯に出てきましたが、美味しくて、美味しくて、大好きです。初めは抵抗があったのですが、何しろ自然に囲まれたところで、出されたものが食べられないと、最悪の状況で、思い切って食べてみたら、はまってしまいました。又食べたくて、色々な人に聞いていたのですが、はっきり作り方は解からず、諦めていた所でした。う~ん、これ、美味しいんだよ。本当に。でもそうか、料理法がカシャだったのね。  あ、そうそう、タジンは、鍋の名前が、”タジン”で、タジンで調理したものは、みんなタジン。おなじレシピで違う鍋で調理したものは、違う名前なんだそうです。日本の"鍋物”と同じ感覚ですかねえ?

皆さんへのお返事・23日分

Sakuraさん、麻さん、YUKIさん、まゆのさん、P&Bさんへ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
→sakuraさんへ…ギアチェンジ

sakuraさん、すご~い!ギアチェンジがお好きなんて~!尊敬、脱帽!
坂道発進、お得意なんですね~!
フランス人は1mぐらい下がるから近寄らないようにしています。

フランスはたぶん90%近くの車がマニュアル車でしょう。
日本はその逆でしょう。

私が以前乗っていた車はフランス人から買いましたが、
昔トラックの運転手さんだった方ので
事故で左足が膝から下を切断した方のものでした。

こちらはオートマ車に乗っていると
路上駐車していても車泥棒サン達の興味が薄いので
車がなくなることが無いのでいいかも。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

→麻さんへ・日本での運転

日本で駐車するときは、ものすごく気を使います。
スーパーの駐車場とか、ついいつもの癖がでないように厳重注意!

こちらのベンツも古い型だとクーラーもついていないのもあるんですよね。
日本の車は手入れされてるし、ボコボコに傷ついていませんもんね。

ユーロになってから、手入れの行き届いたドイツ車を
フランスに「輸入代行」する会社も出来ました。

窓拭きをしないフランス人とピカピカに磨くドイツ人の差でしょうか・・・。
窓拭き頑張ってね~!新聞紙に水を含ませるて拭くと
綺麗になるそうですよ~!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

→YUKIさんへ・おはぎ

YUKIさんのコメントを読んでたらハタと気づきました。
われわれ日本人も「おはぎ」を食べていますね。
ご飯を甘くして食べないと思い込んでいましたが、
甘くして、デザートとして食べていましたね~!

でもやっぱり、お粥にした時には砂糖は入れませんよね。ふむふむ。

日本のレッカー移動は高額ですね~!
こちらも数年前にレッカー車屋さん(?)が民営化されてから
彼らは仕事に励むようになってしまって、ここでも民営化問題がぁ~…!

公には禁止ですが、夜になるとリヨンの中心街は
歩道に乗り上げてずら~っと駐車しています。
たま~に車を持って行かれて泣く羽目になるんですけど。

何か取り上げて欲しい話題があればどんどんリクエストして下さいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

→まゆのさんへ・車の運転

私は20歳の時、日本で免許を取り、
31歳の時にフランスで免許を取りました。

この比較はそのうちブログで取り上げます。
ペーパードライバーだった私にはこちらの教習は辛かった…!

日本で運転なさる場合は、まずお辞儀とか会釈の練習をしましょう!
特に田舎の方では。お互い譲り合ってしまうというフランスでは
ありえない逆の事態も発生しますから・・・!

フランスでオートマ車が普及してくれたら、
あの赤信号から緑信号(青信号とは言いません!)に
変わってから、もたもたギアをいれ、エンストし・・・という
イライラがなくなると思うんですけど!
坂道でずりずり下がってくるのもなんとかして欲しいです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

→P&Bさんへ・KASHA

KASHAの話がお役に立てて良かったです。
エストニアで毎朝出てきたのは、甘かったのですか?
何か他に交ざっていましたか?

タジンもいろいろレシピがありますね。
そのうち皆さんにご紹介したいと思います。

日本の鍋もいいですよね~!冬に日本にもう何年行ってないだろ~う?
お節料理とお鍋を食べに日本に行きたいものです

kasha

う~ん、言葉では上手く表現できない味です。??ミルクプリンのもっと濃厚な味。と言うのが一番似ている表現かな?

→P&Bさん・KASHA(2)

やっぱり甘かったのですね!
う~ん、もし作ったら味見させてくださいますか?(怖いもの見たさ!)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ulko.blog50.fc2.com/tb.php/20-3041ef42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。