スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炊飯器で本格フランス料理! 

【フランス人直伝の炊飯器の使い方】

学生時代からの友人のジェローム君と
久しぶりに仕事場で会いました。
今や子供3人の頼もしいお父さんです。

先日ご紹介した「手まり寿司」を食べながら
ご飯の炊き方の話をしているうちに
「炊飯器で料理してるか~?」という変な質問???

↓こちらがジェローム君愛用の炊飯器。
010107j41.jpg

日本ではフランス製の高くて重いお鍋が
はやっているようですが、
フランス人の彼(お父様はお肉屋さん!)は
なんと炊飯器でフランス料理を
数種類作れると自慢をするのです。
010107j49.jpg

↑娘さんのアンナちゃん大活躍!

レシピを教えてくれるように頼んでいたら
娘のアンナちゃんが49枚も写真を撮ってくれて
ジェローム君のレシピ付きのメールを
送ってくれましたので皆さんにご披露します!

↓まずはナイフを研いでいるジェローム君。
010107j2.jpg

1)子牛(ヴォー)のtendron(子牛の後部の胸部肉)か
 flanchet(腹部の肉)を1kg用意。
 私も早速朝市のおじさんに注文しました。
 日本でも子牛を食用に育てていますか?
010107j1.jpg

2)食べやすい大きさに切ります。
010107j3.jpg

3)一人頭150gから200g用意します。
010107j5.jpg

4)厚切りのラルドン(ベーコン)を2枚。
010107j7.jpg

5)オリーヴオイルです。
010107j10.jpg

6)スイッチオンにしてオイルを温めます。
010107j11.jpg

7)玉ねぎ一つ。
010107j12.jpg

8)皮を剥いて…。
010107j13.jpg

9)炒めます。
010107j14.jpg

10)焦がさないように!
010107j15.jpg

11)人参は6本、皮を剥きます。
010107j16.jpg

12)輪切りにします。
010107j17.jpg

13)肉を炒めます。
010107j19.jpg

14)塩・胡椒をお好みで。
010107j20.jpg

15)5分炒めます。
010107j21.jpg

16)材料はこれだけ。
010107j22.jpg

17)肉が白くなったら…。
010107j23.jpg

18)小麦粉を用意。
010107j24.jpg

19)コップ一杯を肉に振りかけます。
010107j25.jpg

20)少し粘りが出たら…。
010107j28.jpg

↓水道水は避けましょう~!
010107j29.jpg

↓お肉が隠れるぐらいに水を入れます。
010107j30.jpg

010107j31.jpg

↓野菜を加えます。
010107j32.jpg

↓人参やポワローネギ。
010107j33.jpg

↓マッシュルームの缶詰。
010107j34.jpg

↓もうこれ以上はムリですねぇ~!
010107j35.jpg

↓ロリエ(月桂樹)の葉を2枚。
 リヨン在住の皆さん、庭のロリエの葉を
 無料でお分けします。メールでご連絡を~!
010107j36.jpg

010107j37.jpg

↓生クリームをお好みで。牛乳でもいいです。
010107j38.jpg

010107j39.jpg

↓丁寧に混ぜてください。
010107j40.jpg

↓ジェローム君型の炊飯器では
 一時間半加熱するようです。
010107j42.jpg

↓保温をしている間にじっくり火が
 通るそうです。
010107j43jpg.jpg

↓ジェローム君のお料理の名前は
 ブランケット ドゥ ヴォー
 「子牛のクリーム煮・blanquette de veau」
010107j47.jpg

↓ボナペティ・めしあがれ~!
010107j46.jpg

付けあわせはご飯か、茹でたジャガイモ。
ただ、問題点はご飯の場合は
2つ目の炊飯器が無いとダメだという事!

1月14日(日)の朝市でこのお肉が
手に入るので作ったら記事にしますね!

【新しいメールフォーム】

はるるんへのメールは
こちらからどうぞ。

このブログの感想やフランス、リヨンについての
質問などお待ちしています。

お返事は遅くなっても必ずします。

皆さんからのメールをお待ちしています。

名前欄は空白のままでも構いません!

ハンドルネーム(ニックネーム)と
メールアドレスは必ずお書きください。
 
メールフォームの画面はこちらをクリック!

今までどおりに記事に関するコメントは
各記事の下にある「コメント」をクリックして
コメントをお書き下さい。

【初めて読んでいただいた方へ】

ようこそいらっしゃいました!
コメントを読むのを楽しみにしていますから
皆様、ぜひ一言をお願い致します!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

フランス生活全般への質問も受け付けますので
左にあるメールフォームに書き込んでください。
遅くなっても必ずお返事致します。

【あとがき】

初めて見ていただいた皆様も
毎日見てくださっている皆様も
これからも楽しいブログを続けたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いします。

リヨンに御旅行の予定の方など
どんどん質問をお待ちしています。

できる範囲でお手伝いさせていただきます。

それではまた。★はるるん★

コメント

フランス人…侮れない\(~o~)/
見事な炊飯器サバキ

新年あけましておめでとうございます。昨年はお会いできて、とてもうれしかったです。ルビパパ、ルビーともに今年も宜しくお願いします!

さてさて、ジェロームさんのお料理、炊飯器に油?!日本人の私達には新鮮!手書きの一言コメントもいい感じですね~。

はるるんさん、どんなお味になるのか楽しみですね!

オリーブオイル一緒でした^^
私も炊飯器持っていますが、空けたままで調理できるんですね!
おどろきました~0O0

火加減は調節出来ないものの、立派に調理器ですもんね。”頭は柔軟に”という言葉が浮かびます。空腹なお腹には写真だけでも睡涎ものデス!

お返事

HIROMIさんへ

「料理をしているか?」という質問に
炊き込みご飯の説明を始めたら
笑いながら「肉料理だよ!」と言われて、
目が点になってしまいました!

目からウロコがボロボロの技ですね。

~~~~~~~~~~~~~~
ルビママさんへ


ルビーちゃんに会えて嬉しかったですよ~!
あ~!もちろんルビママさんとルビパパさんにも!

炊飯器がいかに便利な物であるのかと
フランス人に説明してもらいました~!

まず、吹きこぼれないし、ガスの心配もなく
スイッチオンしたあとはそばに居なくて良いし
じっくり煮込むのに保温の温度が
じわ~っと味が浸み込むのに最高だそうです!

~~~~~~~~~~~~~~~~
reiさんへ


このお料理の他に、
ブフ・ブルギニォン(牛肉の赤ワイン煮)や
ラグー・ダニィオー(子羊の煮込み)も
教えてくれるそうです!

お楽しみに~!

~~~~~~~~~~~~~~~
のだめさんへ


確かに火加減はできませんが
焦げないし、吹きこぼれないし
保温は出来るし、便利な調理器ですね!

実際に作るのを楽しみにしています。

ジェロームくん、やるな~!おいしそー!
去年だったか、日本の料理雑誌(何だったか忘れた)でも、炊飯器レシピ特集がありましたよ。
カレー、シチュー、ビーフン、それからサンマを煮たりしてました。

麻さんへ

お~!カレーにシチューですか!
煮込み料理をする時に鍋のそばにいないで
勝手に料理が仕上がるというのが
便利ですね~!

麻さんの新しいカメラ、楽しみですね~!

フランスの消費税19,6%が
これ以上アップしませんように~!

おお!うまそうだっ!炊飯器だけなのもいいですね。今度つくってみるよ~

こんばんは、足跡から来ました。

炊飯器で料理するなんてすごいアイディアですね!
家でもやってみたいけど、炊飯器で料理造っちゃたらご飯が食べられないよぅ(泣)
また覗きに来ますね~♪

お返事

azukiさんへ

朝市のお肉屋さんに予約をしたお肉で
私も炊飯器料理を作るのを楽しみにしています。

煮込み料理は次の日が美味しいですから
2日間炊飯器が使えなくなりますが…!

~~~~~~~~~~~~~~
アカメショウジョウバエさんへ


まずはご飯を炊いてから、ラップに包んで
冷凍をしてからお肉料理をしないと
困りますよね~!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ulko.blog50.fc2.com/tb.php/180-35816af9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。