スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヨンの「光の祭典」&ライオン君 

リヨンの12月の風景です。
いつもの歩道が臨時のサパン(クリスマスツリー)売り場に
なっています。木の足元にご注目!
231206s1.jpg



【ライオン君のオークション】

このブログで何度か取り上げたライオン君の
オークションがイタリアのトリノで行われました。
このライオン君の作者の方(日本人)から写真を送って
いただいたので皆様にもご紹介します。
torino1.jpg

姉妹都市であるリヨン市とトリノ市に会場を設けて
中継で結び、他の国からは電話とインターネットで
競り落としされたそうです。

このライオン君はリヨン市とトリノ市で
取り合いになりましたが
結局トリノのファインアートコレクターの方が
競り落とされました。
torino2.jpg

この白いライオン君の作者さんからのメールが
届きました!皆様にもおすそ分けです。

『あの原寸大のライオン達はいったい
どこに置くのだろうと考えると本当に不思議でしたが
コレクターはもちろん、美術館やギャラリーの他にも
いかにもお金持ちそうな老夫婦から
子供連れの家族など、競り落とす方はさまざまで
69体のライオンと牛が飛ぶように売れていきました。
残念ながら10体ほどは誰も買い手がつかずに
アーティスト本人のもとに引き取られることになりました。
torino3.jpg

競り合うとあっという間にどんどん値段がつりあがり
最終的に2人になるとどちらも譲らずに
もう最後には手を上に伸ばしっぱなしの
おじいさんなども見かけました。
何が何でもこのライオンが欲しいんだな~と
それはもう口あんぐりで見てしまうほどで
約3時間におよぶオークションはあっと言う間でした。

後日、69体のライオンとウシ達がのった
カタログが一般販売されるそうです。
もちろんアーティスト本人の写真ものっています(笑)

でもこれで約1年がかりの展覧会が幕をとじ
少し寂しいような、、、やはりほっとしたような
安心感に包まれました。』


…というメールをいただき、私もオークションの
雰囲気が良く分かりました。

我が家から歩いて15分のところに展示されていて
ULKO君とのお散歩の途中で何度も見て
「鼻血のお手当て」もしたこともあり
とても親近感のあったライオン君の物語でした~!

これまでに私が書いた「ライオン君に関する記事」を
お読みになりたい方は、こちらをクリック!

【リヨンの光の祭典】

私がリヨンに来た頃は(1988年)まだ
フルヴィエールもサンジャンの教会も
壁の汚れがひどく、「まっくろくろすけ」でした。

G7サミットがリヨンで開かれた頃から
リヨンの教会等は掃除がされて壁も白くなりました。

その後12月8日だけだった「光の祭典」も
今年は12月7~10日の4日間繰り広げられ、
外国からの観光客も大勢いらっしゃって、
ホテルもレストランも満員御礼だったようです。

私の携帯電話の写真では(2,0Mピクセル)
夜の写真が思うように撮れなかったので
友人達が協力してくれました。
これら6枚はGさんの写真です。

↓ベルクール広場のルイ14世は大きな
 電球の中に入っているようです。
231206g2.jpg

↓こちらは2つの塔のスタイルが違うサン・ニズィエ。
231206g3.jpg

↓オペラ座も虹色になりました。
231206g4.jpg

↓市役所もこの通り。
231206g5.jpg

↓色を塗ったように見えますが
 光をあてているだけです。
231206g6.jpg

↓メトロのサン・ジャン駅前も綺麗ですね!
231206g9.jpg



ここからはN子さんの写真です。
わざわざ写真を届けてくださいました!
有難うございました~。

↓この4枚はサン・ジャン教会の前の
 音楽と光のスペクタクルです。  
 音に合わせて色が変わり、幻想的でした。
231206n1.jpg

231206n2.jpg

231206n3.jpg

231206n4.jpg

↓サン・ジャン教会とフルヴィエールの
 ノートル・ダムです。
231206n5.jpg

231206n8.jpg

↓フルヴィエールの丘の上からの眺めです。
231206n26.jpg

231206n30.jpg

↓ボナパルト橋も綺麗!
231206n20.jpg

↓街中にいろいろな光オブジェがあります。
231206n25.jpg

↓セレスタン劇場の前のスペクタクル。
231206n14.jpg

231206n15.jpg

231206n16.jpg

231206n17.jpg

231206n18.jpg

↓サン・ニズィエ教会前のスペクタクルも
 音楽とよく合っていて感激しました。
231206n7.jpg

↓トルコ料理の「キャバブ」は今や
 フランス人のスナックです。
231206n10.jpg

231206n11.jpg


↓ここからは私の携帯写真です。
 中心街は歩行者天国になりました。
231206h9.jpg

↓オペラ座の外壁の上をダンサー達が
 命綱をつけて、音楽と光にあわせて
 踊っていました。
231206h7.jpg

↓本屋さんのデコレーションもステキ!
231206h4.jpg

↓この大観覧車を組み立てているところを
 偶然見ていました。
 座るところにはガラスがないので、
 落ちないようにしっかり
 つかまっていないといけないんですよ~。
231206h2.jpg

↓噴水もステキな色になって、
 普段見慣れているはずなのに
 しっかり見入ってしまいました。
20061223140726.jpg


【ランキング】

ランキングを見るのを楽しみにしています。

一日一回3つのそれぞれ違う会社のランキングを
クリックしていただけるとこのブログの順位が
表示されます。
banner2.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
「戻る」で「リヨン日記」にもう一度戻られてから
↓こちらもクリックお願い致します。
 
更新の励みになっています。有難うございます。

【初めて読んでいただいた方へ】

ようこそいらっしゃいました!
コメントを読むのを楽しみにしていますから
皆様、ぜひ一言をお願い致します!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

フランス生活全般への質問も受け付けますので
左にあるメールフォームに書き込んでください。
遅くなっても必ずお返事致します。

【あとがき】

初めて見ていただいた皆様も
毎日見てくださっている皆様も
これからも楽しいブログを続けたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いします。

リヨンに御旅行の予定の方など
どんどん質問をお待ちしています。

できる範囲でお手伝いさせていただきます。

それではまた。★はるるん★

コメント

超~

久々の更新でしたね。)^o^(
あっという間にクリスマス。サンタさんはデジカメ持ってきてくれた?

お元気そうで何よりです!

更新がないから、すっごく心配してました。お元気そうで何よりです。よかったぁ。年末ですし、お忙しいのでしょうね。私も試験があったり、普段放っておいた雑用を片付けたり、ばたばたしてます。

光のお祭りの写真、きれいですね。私のブログにも私の撮ったぶんはアップしました。他の角度から見るとまた違ってステキですね。

私のブログで一枚「教会かな?」って書いた写真がありましたが、サンジャンだったのですね!
はるるんさんのブログで「裏から見た風景だったんだ!」と、わかりました。ありがとうございました!

お返事

HIROMIさんへ

お久しぶりでした~!
毎日パソコンにかじりついていたのですが…。
更新が無かったのでご心配をおかけしました。

「価格コム」というホームページで
お目当てのカメラの値段が毎日
千円単位で下がっていたので
株価を見極めるような雰囲気で
「いつ注文をすればいいのか?」と
毎日画面の前でうなっていました。

年末の宅急便の込み具合を考えて
すでに注文して配達済みです。

あとは日本からの荷物を持ってきてくださる
親切なご家族の到着を待つばかりです!

~~~~~~~~~~~~~~
きよさんへ


皆さんにご心配をおかけしてしまいましたが
元気な毎日を過ごしていました。

きよさんの「光の祭典」のブログも
見てましたよ~!綺麗でしたね~!

せっかくのお祭りなのに急に寒くなったり
メトロやパスのストライキがあったり
でしたが、たくさんの観光客と地元の方々で
リヨンの中心街は「人が渋滞」していましたね~!

こんにちは

光の祭典の写真、アップされるかな~と楽しみにしていたんですよ!
やっぱり綺麗ですねえ。

今年から4日間になったんですね。来年以降もそうだとすると、ちょっと行きやすくなりそうで嬉しいです。でもノエルと日程が近かったらもっと行きやすいのに・・なんて思ってしまいます^^;

素敵な写真をありがとうございます♪
お体に気をつけて良い年越しをお迎え下さい♪

シュシュさんへ

光の祭典中はリヨンのホテルは予約が
取りにくいようですので計画はお早めに~!

シュシュさんのブログの「日光」観光は
とってもためになりました。
来年の夏の旅行で訪れる予定です。
日本の紅葉はホントに風情がありますね~!

光の祭典

ぜんっぜん見違えるほど綺麗になってる!僕がいた8年ほど前は単色でこれほどカラフルで濃淡のある色合いでもなかったし、人もこんなに出てなかった気がします。加えて、ケバブ屋台も豪華になってる。
そのうちディズニーランドのような山車が出そうな気がします。市長か有名人ゲストが乗って手を振ったりとか。あ、それは僕の地元の七夕祭りの定番でした。

gato-negroさんへ

光の祭典は年々派手になっているようです。
宗教的なお祭りから街のお祭りに
なってしまったようです。

パリ郊外にあるユーロディズニーの
パレードは日本のに比べると
規模が小さいようです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ulko.blog50.fc2.com/tb.php/173-cda1a7ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。