スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庶民のお惣菜(1) 

20060219234844.jpg
日曜日の朝、最近寒くて出かける勇気のなかった
家から歩いて300メートルのマルシェ・朝市へ行くために
目覚ましをかけて起きました。12時に閉店ですから。

フランス人庶民の食生活は、日本の高級フランチレストランの
メニューに載っているようなお料理とは、かけ離れています。

私が学生の時にフランス人学生の夕食に招かれたら、
サラダの葉っぱをドレッシングであえたものが前菜(葉っぱのみ)
メインはハム(冷たいまま、真空パックから出しただけ!)
付け合せは マカロニの塩茹でバター和え。パン。
デザートはヨーグルト(市販のもの)

ってな具合。こちらはお呼ばれするからと、気合いを入れて
お昼ごはんも軽くし、おやつも我慢して行ったのに~!
普段はこんなものなのです。

もちろんお料理上手な方もたくさんいらっしゃいますが、
栄養のバランスは日本の方が絶対良い食生活です。

フランス人女性は働いている人が多いので、
あちらこちらにお惣菜屋さんがあります。

今日ご紹介するのは、一般庶民がよく食べているものです。
マルシェのお肉屋さんのお惣菜です。
気安く写真を撮らせてくれました。
20060219234945.jpg

このポテトサラダは日本では「リヨネーズサラダ」と名付けられて
いるようですが、お肉屋&お惣菜屋のオジサンに質問してみたら、
こちらでは、「田舎風サラダ・ペイザンヌ」というそうです。

「サラダ・リヨネーズ」はフランスでは、サラダの葉っぱの上に
「ラルドン・豚の生ベーコン」を炒めてのせ、
ポーチド・エッグものせた物です。
レストランでは、前菜としてよく出てきますが
日本人にはこれだけで十分すぎるぐらいです。

マルシェのオジサンによれば、正式にはラルドンを
切る幅や長さが決まっているとのこと。
最近は便利になってスーパーでは、すでに切られたものが
100gずつプラスチックパック容器に入れてあります。
20060220000510.jpg

このラルドンとオリーヴで作る食前酒のおつまみになる
「CAKE・ケーク」のレシピを紹介します。簡単で美味しいです。
友人にパーティーに呼ばれた時の手土産にもなります。
冬休みなので今日は娘が作りました。

1)小麦粉180グラムとベーキングパウダー大匙1杯を混ぜる。

2)全卵3個を溶き、牛乳100mlとオリーヴオイル100mlを混ぜる。

3)よく混ぜた2)を1)に注ぎ、粉っぽくなくなるまで混ぜる。

4)種抜きオリーヴ200g・・・(緑、黒、両方交ぜてもいいです)
 ラルドン100g・・・・・・・・・(ベーコンでもハムでも代用できます) 
 チーズ150g・・・・・・・・・・・(とろけるチーズ、粉チーズ、
             塊なら1センチ角に切ってから)

 を3)に混ぜ、型に流す。
20060219235026.jpg
種抜きオリーヴは便利です。
20060219235041.jpg
今日のチーズは「コンテ」です。
105_0568.jpg

5)180度のオーヴンで焼きます。パウンドケーキ型に入れて
 焼く時はかなり長く焼きます。(竹串をさして確かめて下さい)
 この型だと15分焼きました。
105_0570.jpg

105_0571.jpg

105_0572.jpg

ビールにもシャンパンにもワインにも合います。
そして娘は「牛乳によく合う~!」と言ってすごい勢いで
食べております・・・!

それではまた。★はるるん★

コメント

今まで思い込んでいたことが見当違いと知って、
何かが大きな音を立てて崩れていく気がします。(笑)
市場のご紹介、本家「リヨネーズ」、ためになります。
日本人は、輸入の下手な国民ですね。
それとも粉飾が上手なだけでしょうか?

料理のレシピも大いに参考になります。
材料のあるときに、いや、わざわざ購入してでも
チャレンジしてみたいと思います。
チーズはコンテ?スイスですよね、コンテって。
そういえばフランスチーズでハードタイプって、何だろう。

いやん

オリーブとラルドンのケーク、またニアミスだわ!
これは、どこに持って行っても受けますよね。
ラルドンを生ハムに変えて(ちょっと古くなった時とかね)、チーズをパルメザンにすると、たちまちイタリア~ノになります。
それにしても、はるさんのムスメさんはすばらしい!
ところで、この辺りには、リヨンには存在しないのに「リヨネ」と呼ばれるハムがあります。
日本の魚肉ソーセージのような、豚でできたものです(ややこしくてすみません)。
ストラスブールにもあると聞きました。不思議ですね。
マルシェの写真、懐かしー。おじさん写っていなくて残念。

新三さん

新三さんのおかげで、リヨネーズサラダの話題をお届けできました。

ハードタイプのチーズの話もそのうち取り上げますね。

ちなみにコンテは、COMPTE というフランスの地方で作られています。
スイスのグリュイエール・GRUYEREはトムとジェリーのアニメの中に
出てくるチーズみたいに丸い穴あきですが、コンテは穴なしです。

それから外国のものを取り入れるにあたっての「勘違い」は
お互い様で、フランスにもいろいろおかしな「日本」と名のつく
製品があって、ビックリしました。

日曜大工の店にいったらピンクの液体があり、
「日本の水」との表記・・・。何だと思います?
ブロンズなどの金属製品を磨く時に使うそうです。
どうして、ジャポネーズなんでしょう?
買ってきて使ったら、確かにピカピカになりましたけど。

道を歩いていたら、看板に「日本の紙」と書いてあったので
思わず飛び込んだら、なんとそこは特殊な壁紙専門店でした。
アパートを借りる時にも「この壁紙はパピエ・ジャポネーズだ」と
何回も言われて、そのたびに「日本にはこんなのない!」と
言いました。

他にも何か日本と名の付く変な物があるでしょう。
だから日本人だけ輸入下手なわけではありませんよ~!

麻さん

なるほど、なるほど。イタリアンのケークも娘に作ってもらおう!
私がブログを始めてから、パソコンにかじりついているので、
娘もULKOもノートパソコンの嫉妬しております。

何にもする事がない~っ!とぼやいている娘に
「じゃあ、なんか作れば~!」とお願いしたってわけ。

そちらのリヨネのソーセージの写真メールに送ってみて下さい。
マルシェのオジサンに見せに行ってくるから!

麻さんのブログに管理者だけ読めるコメントをしたんですが
読めました?

こんにちは~ 先日は遊びに来てくださってありがとうございました。
18年!! 大先輩ですね。。ワレワレなんてひよっこですね。まだ1年半ですもの。
日曜、ワレワレもマルシェに行ってきたところでした!
やっぱりお野菜、お魚買ったりするにもいいですよね。。大好きです。
ULKOちゃんもかわいいなー。Uのフランス語発音はたしかに難しいですよね。。
ルビーのRも難しいです。。フランス人の方がルビーって呼んでくれてもけっこうルビーは分かってないときが・・・
また遊びに来ますね! これからもよろしくどうぞ~

るびぱぱ・ままさん

るびぱぱ・ままさん、コメント有難うございます。

うちのそばのマルシェは小さいのでお魚屋さんがないのが寂しい…!
車で3分のマルシェはとても大きいので何でもあるんですが、
怠け者は近いところしか行きません。

お宅のルビーちゃんはバイリンガルですか?
ULKOは「さんぽ」、「がっこう」、「にんじん」「行くよ~」だけ分かります。

「さんぽ」と言うと玄関に突進しますし、
「がっこう」というと車に乗ろうとするし、
「行くよ~」と言うと大慌てで、走ってくるし、
「にんじん」と言うとプラスッチク製のおもちゃを探しに行きます。

この「にんじん」のおもちゃは無くなって、他の形をしているのですが
ULKOにとっては、彼のおもちゃは全部「にんじん」という名前だと
思っている様子です。

Rの発音は何年たってもだめです。日本人女性がRで始まるフランス人と
結婚されて、自分の名前を発音するのに苦労している友人もいます!

るび~ちゃんによろしく~!

こんばんは~♪おっと、フランスは朝ですね、
おはようございまぁ~す(´(∴▽∴)`)ノ
ケーク(?)めちゃ、おいしそぉ~!!ってか、ってか、
オーブンのデカさに驚きっっ(☆(∴д∴) ゜)!!
何もかもが、かっちょいいなぁ~。マルシェの雰囲気
もテレビで見た事あるあるぅ~、みたいな♪
でも、ほんっとネットって不思議な世界ですよねぇ。
まさかフランスにお住まいの方とお話ができるなんて!!
感激ですっっ!!お話もすごく面白いですっっ。
また遊びに来ますね~ヾ(*(∴▽∴)*)ノ゛

rocoさんへ

ようこそ。rocoさんのあのお弁当がご自分用だなんて! すごい!
きのこご飯につられて、リンク貼らせていただきました!
毎日見てますから、美味しいものをどんどん作ってください~い。

オーヴンですが、在仏18年目にしてやっと、どでかいのを
購入したばかりで、うれしくていろいろ試している最中です。

ネットやブログを開発してくれた方々に感謝の日々です!
また遊びにいらしてくださいね。

おいしそう~!

うわ~!おいしそう!!早速作ってみよう。一度、作ってみようと思ったら、きちんと材料が揃わなくて、クロオリーブ、ハムで作ってみましたが、まあOKでした。ケ―クと言えば、この間、本屋で立ち読みしていた時に、茄とフェタチーズと何かのハーブのケークと言うのがありました。この本を購入して、食べてみたいと思います。

形が違うと雰囲気が変わりますねー

 写真がきれいですね。見ていると楽しいです。
 これは以前にケーク・サレ(塩味のケーキ)として別の人から紹介され、作り方まで教わったのに未だに作っていないものと同じもののようです。私が招かれた家ではサラダの後にこれが主菜として出てきました。はるるんさんの写真ではスコーンの型と何と言うのでしたっけ、リヨンのマドレーヌみたいなお菓子の型のようなもので作ってありますが、これだとアペリティフになりますね。見た目もかわいいですし、私が以前食べた大きいケーキ型で焼いたものより食べやすいかもしれません。チーズの種類を変えると味が微妙に変わって、いろいろヴァリエーションが楽しめるかもしれませんね。このごろ気力がなくて料理から遠ざかっているので、私は想像するだけで終わりそうですけど。

まゆの

私もパウンドケーキ型でドーンと出てくると、
周りのこんがりと焼けた所を食べれないので
いつも小さく作って、結局たくさん食べちゃいます。
もう昨日作ったものは影も形もありません・・・!

娘は初挑戦でしたが、材料を混ぜるだけなので
簡単です。絶対失敗しないところが最高です!

わぁ~、cake aux olives 大好きなので一度作ってみたいです。オーブン買ったら...。(バーゲンで買おうと思っていたらバーゲン対象にならない。。。)
パウンドケーキじゃなくて、こういう型で作ると美しくていいですね~。
  • [2006/02/20 22:11]
  • URL |
  • リヨン学生日記
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ケーキ型

このシリコン製のケーキ型は、大型スーパーのCARREFOURで
1000円ぐらいで買いました。
バターや粉をはたく下準備が必要ないですし、型抜きも簡単で
お勧めです。

オーヴンは17年間3台の小型の卓上式を使っていろいろ作りました。
やっと買った大きなオーヴンをフランス語の説明書を読みながら
使っているところです。

わぁっっ!! リンクありがとうございますっっ!!
あたしも早速、貼らせて頂きましたぁ~♪

リンク仲間

食いしん坊のまわりには、食いしん坊が集まるようで・・・!
生活全般のブログにしようという意気込みだけは
あるのですが、毎日結局身近な食生活の話に
なってしまいます~!これからもよろしく~!

オリーブのケーキ

このまえはメールに返信ありがとうございました。

オリーブのケーキ、おいしそうだったので作ってみました!
オリーブ大好きなので作るの楽しかったしおいしかったです☆

自分のもうひとつのブログに紹介とはるるんさんのこの記事へのリンクをさせてもらいました☆
またはるるさんのレシピ参考にさせて下さいね!
特にリヨンの食事情に興味があります☆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ulko.blog50.fc2.com/tb.php/17-83fc0964

Cake aux olives

ちょくちょく覘かせてもらいにいっているはるるんさんのブログで紹介されている、オリーブのケーキを作ってみました。オリーブは留学中においしいのを食べて大好きになったんですが、このケーキ、なかなかおいしかったです☆お酒と一緒にいただくのにぴったりです!は
  • [2006/04/18 00:26]
  • URL |
  • フランス語上達への道 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。