スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヨンわらべ会の運動会 

【9月24日(日)のリヨンのお天気】

心待ちにしていた運動会の日でした。

夜間は雨が降っていましたが
朝8時半に出発した時には
「今にも降りだしそうな空」でした。

【楽しかった運動会】

フランスには「運動会」がないので
こちらで生まれ育つ日本人の子供達は
リヨンわらべ会主催の会を楽しみにしています。

演目はラジオ体操から始まり
障害物競走、徒競争、玉入れ、綱引き
リレーが終わるとピクニックです。

↓紅白に分かれて年齢順に並びます。
240906u1.jpg

↓競技中は雨が降らなくて良かった~!
240906u2.jpg

240906u3.jpg

↓綱引きの綱も昔のより立派になりました!
240906u4.jpg

歴代の「わらべ会」の役員の皆様
毎年毎年お世話になりました~!

お母さん達が早起きして作ってこられた
お弁当の写真です。美味しかった~!
240906b1.jpg

240906b2.jpg

240906b3.jpg

240906o1.jpg

↓Tさんのお重は2段重ね。
240906o2.jpg

240906o3.jpg

240906o4.jpg

ピクニックの最中に小雨が降り始めてしまいましたが
子供達は雨の中、サッカーを楽しんでいました。

【今日掲載の写真】

運動会にデジカメを持って行かなかったので
今日掲載の写真はすべて携帯電話付属の
カメラで撮ったものです。
少しボケていますが、便利ですねぇ~!

【初めて読んでいただいた方へ】

ようこそいらっしゃいました!
コメントを読むのを楽しみにしていますから
皆様、ぜひ一言をお願い致します!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

フランス生活全般への質問も受け付けますので
左にあるメールフォームに書き込んでください。
遅くなっても必ずお返事致します。

【あとがき】

初めて見ていただいた皆様も
毎日見てくださっている皆様も
これからも楽しいブログを続けたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いします。

リヨンに御旅行の予定の方など
どんどん質問をお待ちしています。

できる範囲でお手伝いさせていただきます。

それではまた。★はるるん★
スポンサーサイト

冬休み 

リヨンの子供たちは今、ヴァカンスです。
リヨンの街は休みの間、人口と車の数が減って渋滞はないし、
駐車するのも簡単になります。スーパーもすいているし、
残って働く組(私)にも少しはいいところが・・・。

今年は大雪でスキーをされる方には条件がいいようです。
リヨンからは日帰りで行けるスキー場もありますが、
ヴァカンスを取る人達は家族で1週間、
スキー場のアパートやホテルでのんびり過ごすようです。

2006年のスキー休み(冬休み)は2月17日(金)の夕方から
始まっていて、3月6日(月)の朝から学校へ行きます。
2週間、学校は閉まっています。もちろん先生方もお休みです。

休みの日に登校するなんて事はありません。
門に鍵が閉まっていますから、
もし学校に忘れ物をしていたら、2週間おあずけです。
宿題に必要な物を忘れて大変だった事もありましたね~。

フランスの子供達の1年は夏の2ヶ月のヴァカンスのあと、
9月から新学期が始まり、11月に1~2週間、そしてクリスマス休暇、
この冬休み、イースター休暇、5月の連休、
そして、7月はもう夏休みというリズムで過ごします。

フランス一斉にヴァカンスになると大騒ぎなので日程は
地方によって1週間ずつずらして決められています。

フランスの学校の仕組みを幼稚園、小学校、中学校について
娘の学校体験を通して書いてみます。
 
日本では、幼稚園にあたる(エコール・マテルネル)は
2歳半からで「おしめ」の取れた子供だけが入れます。
皆、夏休みにおしめを取る訓練を必死でします。

幼稚園に預かってもらえないと、ベビーシッター代金を
払う事になりますから・・・!公立の費用は給食代だけです。
消費税19,6%を払っていますからね~!(内税です)

うちの娘は人数オーバーで入れず、2歳半の時は1年間
私立のエコール・マテルネルに通いましたが、
費用は収入に応じてそれぞれ違い、高額ではありませんでした。

幼稚園は8時20分から11時30分、13時20分から16時30分まで。
そのあとは仕事をしている親の子供達のために17時45分まで
預かってくれます。(費用は微々たるもの)
給食を食べれるのは仕事をしている親の子供のみ。


小学校も8時20分から16時30分そして保育が17時45分まで。
水曜日、土曜日、日曜日がお休みのところが多いです。
水曜日の午前中だけ授業がある学校もありますが、
そうすると、夏のヴァカンス等が長くなります。

日本の幼稚園生や小学生は毎日もう少し早く
家に帰っているでしょう?
フランスの子供達は学校にいる時間が長いので
ヴァカンスが無いと疲れてしまうのだそうです!?

ヴァカンス中の宿題はほとんどありません。
本を読んで感想文を書いたり、中学生は英語で日記をつけたり、
調べ物をしたりします。

フランスには塾もありませんから、子供達は、
思いっきり遊んでいます。夏は海、冬はスキー!
子供達に人気のNINTENDO やMANGAは、
すでにフランス語の中に定着してきました。
ここ数年、大型スーパーの漫画売り場には日本のコミックスの
フランス語版がずらりと並び、立ち読み客でいっぱいです。


小学校は6歳からで、5年間です。こちらも公立は無料。
中学校は12歳からで、4年間です。

日本は6年間(小学校)+3年間(中学校)、
フランスは5(小)+4(中)で
結局同じ事ですね。

日本に無い制度といえば、「飛び級」と「落第」です。
両方とも毎年何人かいました。

6歳で入学する時に読み書きが出来て、自立している子供は
1年飛び級をする可能性がありますし、
落第はクラスに1~2人はいました。

毎年学年の終わりが近づく春になると
「上がれるかな~?!」という心配をしています。
さあ今年はどうでしょう・・・???

それではまた。★はるるん★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。