スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりの露出度!?・ローヌ河岸工事 

【5月12日(金)の天気】

晴れたり曇ったり、小雨が降ったり
寒かったり、暖かくなったり…のお天気。

洋服は重ね着をして調節するしかありません。

【ローヌ河岸の工事】

散歩道の工事の進み具合を時々気にして
見ているのですが皆さん、どう思われますか?

↓こちらが4月22日。
423-ro6.jpg

↓こちらが5月12日。う~ん。
1305-rhone.jpg

二十日経っているのですが
間違い探しをしたくなるような
微妙な進み方…というか、
ほとんど変わっていないと思うのですが…。

【オペラ】

モーツァルトの「コジ・ファン・トゥッテ」は
舞台が砂浜でビキニ姿で歌っていましたが
ヘンデルの「アルチーナ」はビキニより過激です!!!
1305-alcina.jpg

う~ん。近年のソプラノ歌手の方は
顔も綺麗でスタイルもモデルさん並で
おまけに歌唱力も素晴らしい方々が
いらっしゃるんですね~!

ヘンデルというとバロック音楽で、
美しいメロディーに聴き惚れますが
舞台はかなりショッキングです。

アルチーナが何着もドレスを着替えて
誘惑してくれます!
舞台上でお着替えなさりました~!

立ち見席は5ユーロで、
28歳以下の方は10ユーロです。

【日本製品?!】

アルチーナのドレスもなかなかでしたが
この広告は街の目抜き通りの
目に付きやすい場所にありました。
418wa.jpg

よ~く近寄って見たら日本の
ワコールでした~!!!

日本でもこの広告があるんでしょうか?
それとも外国向けかしら…。

【初めて読んでいただいた方へ】

ようこそいらっしゃいました!
コメントを読むのを楽しみにしていますから
皆様、ぜひ一言をお願い致します!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

それではまた。★はるるん★
スポンサーサイト

リヨンオペラハウス・金柑の甘露煮の作り方 

107_0753.jpg

↑昨日のマルシェで買った「きんかん」を黒砂糖で煮ました。

生食も美味しいですが、2ユーロ(284円)だったのに
あまりの量だったので→クリック
半分は父の得意な甘露煮にしました。作り方は簡単です。

1)きんかんはワックスが塗ってあるような気もするので
 ボールに水を入れて、ほんのちょっと洗剤をたらし、
 よく洗い、しっかり濯いでください。

2)「へた」を面倒でも、一つ一つ取ります。
 サボると食べる時に後悔しますよ~!

3)味が浸み込むように、皮に縦に8~10ぐらい切り目を入れます。
107_0746.jpg

4)お鍋にきんかんが浸るほどの水と黒砂糖を入れて弱火で煮ます。
 最後に蜂蜜を入れても美味しいです。
 隠し味にお醤油を入れてもいいです。今日は黒砂糖のみです。
107_0747.jpg

マーマーレードの日本版って感じです。
喉が痛いときにこのジュースをお湯で割って飲むといいそうです!

リヨンは昨日の朝は雪がちらついていましたが
今日は太陽が出ました。気温は低かったですが。

リヨンの中心街に行きました。
市役所の真向かいにオペラハウスがあります。
地下鉄の出入り口やバス停も目の前にあり
とても交通の便がいい所にあります。
107_0748.jpg

この「オペラ・ド・リヨン」は私がリヨンに住み始めた
1988年の夏には改装工事のために閉鎖されていました。
残念ながら旧オペラの内部は写真でしか見ていません。

改装前のイタリア形式の劇場のシャンデリア等は
競売に掛けられたそうです。かなり安値で…!

旧オペラ座の内部は老朽化し、すぐお隣を流れるローヌ川から
ネズミさん達が来て、いろいろ食い荒らしていたようです。

舞台装置の改善や安全面も考えて改装したわけです。

外壁を残して中を空っぽにし、地下5階まで掘って、
屋根の上にガラス張りの「かまぼこ」を乗せ、
地下5階地上12階の建物になりました。

建物の上にいらした7人の女神様達も工事期間中は
別の場所に保管されていて、工事終了後にクレーン車で
お一人ずつ持ち上げて設置している所を
大勢の見物人と一緒に偶然見ました。
7人とも定位置に納まったときには拍手が沸き起こりました。

オペラ座の前の柱にモーツァルトのオペラの
宣伝のポスターが貼られていました。
107_0751.jpg

このオペラハウスの演出はダンスもオペラも超モダンです。

「くるみ割り人形」というバレエも主人公のクララがトイレで
タバコを吸って怒られる場面から始まりました…!

「コジ・ファン・トッテ」を数年前に見た時は
2人のテニス選手が遠征試合に出かけるという
設定になっていて、その間にお互いの彼女達は
浮気するだろうか~? という話で
舞台の上にホテルの部屋が横並びで2つあって、
お互いの部屋を行ったり来たりという演出でした!

今回のこのポスターを見ると、スポーツカーに乗った
2組のカップルのお話のようですね~!

オペラを堅苦しく思われている方は
リヨンで一度現代的な設定の演出で見られるといいかも!

ちなみに28歳以下の方は10ユーロでチケットが買えます。
1420円です。日本にもそういう若者割引があればいいですね~。

オペラ・ド・リヨンのオフィシャルページは→こちら
(フランス語しかないのは今時、時代遅れのホームページですけど)

それではまた。★はるるん★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。