スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヨンオペラ座前のジャズコンサート 

【7月28日(金)の九州のお天気】

大雨が続いていましたが、一昨日梅雨が明け
太陽がジリジリと照りつけています。

横断歩道で信号待ちをしていると、
じっとしているのに背中を汗が流れます。
リヨンではあり得ない事です!

【リヨンのオペラ座のジャズコンサート】

リヨンのオペラ座前は夏の間カフェになります。
opeja1.jpg

一日中、コーヒーやビール、サラダやサンドイッチの
軽食が食べれます。待ち合わせにも便利です。
opeja2.jpg

9月10日まで日曜日以外は毎晩このカフェで
無料のジャズコンサートを19時、20時15分、22時の
3回聴けるのです!

ジャズのグループは2~3日ごとに変わります。

座って聴きたければ、飲み物を何か
(ビール一杯でも)頼めば
コンサート自体は無料です。
opeja5.jpg

オペラ座の周りには植物を配置して
ヴァカンス気分を盛り上げています。
opeja3.jpg

歩道の上に大きな容器を置いています。
opeja4.jpg

オペラ座の横の広場も緑がいっぱいです。
opeja6.jpg

opeja7.jpg


【お勧めレストラン】

オペラ座から歩いていけるレストランをご紹介します。
お値段の割りにボリュームたっぷりで大満足です!
14,5€のコース料理を食べました。
res8.jpg

場所はサトネー広場のすぐそばです。
rest9.jpg

前菜の野菜のオリーヴ漬けとグリーンサラダ。
res1.jpg

こちらはハーブの沢山入ったグリーンサラダ。
res2.jpg

メインにひらめのムニエルを頼んだら
お皿からはみ出す大きさでびっくり!
res3.jpg

こちらは「テット・ド・ヴォー」子牛の頭です。
res4.jpg

こちらはメインのつけ合わせのお野菜です。
ズッキーニとトマトの重ね焼き。2人分です。
res5.jpg

チーズかデザートを選びます。
チーズはパンとサラダが一緒に出てきました。
rest6.jpg

りんごタルトはシナモン味で大きさも控えめ。
rest7.jpg

お天気が良い日は木の下のテラスで食べると
気持ちがいいですよ~!

外で食べても蚊に刺されないのが
リヨンのいいところ!
九州は外で食べたら、日射病と蚊の餌食です!
rest10.jpg


【初めて読んでいただいた方へ】

ようこそいらっしゃいました!
コメントを読むのを楽しみにしていますから
皆様、ぜひ一言をお願い致します!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

それではまた。★はるるん★
スポンサーサイト

モーツァルト・子羊の心臓料理 

【4月15日(土)の天気】

朝から「春の嵐」で庭の木がしなっていました。
お昼ごろに風はやみましたが、気温は上がらず
また暖房が自動点火。

せっかくのイースター連休というのに
天気予報があたって曇り空、時々小雨。

【ハツ】

先日の質問の答えです。子羊の心臓でした。
牛に比べて臭みもないし、とても柔らかく
すぐ火も通って調理しやすいです。

市場のおじさんが2種類の調理法を
教えてくれました。

今日のは時間が無い時のレシピ。
もう一つはトマト煮込み。こちらは後日。

1)心臓のまわりの脂肪を取り除きます。
kohi1.jpg

 取り除いた脂身はULKO君用にチンします。
 匂いをかぎつけた彼は興奮状態!
↓ULKO君のおやつ。
kohi2.jpg

2)バター(私はオリーヴオイルとバターと半分ずつ)を
 フライパンにいれ、適当な大きさに切った
 心臓を色が変わるまで炒めます。
 長く炒めると硬くなります。
kohi3.jpg

3)味付けはワイン+酢+塩コショウ。
 一番合うのは、りんご酢です。
 ワインは無くてもいいです。

4)アツアツをサラダと一緒に食べると
 美味しいですよ~!
kohi4.jpg

私が子供の頃祖母がお正月に煮ていた
牛の心臓のお醤油煮がとても美味しくて
時々作ります。娘は小さい頃から
「チューインガム」と呼んで大好物です。
こちらはお醤油とお酒で長く煮ます。

【モーツァルト】

今年はモーツァルトの生誕250年という事で
世界各地でコンサートが開かれています。

リヨンもオペラ座では「コジ・ファン・トゥッテ」。
シンフォニーオーケストラも今日は
オールモーツァルトプログラムのコンサートでした。
415-pro1.jpg

会場はパール・デューにあるラヴェルホール。
土曜日の夕方6時開演で超満員でした。

↓無料でもらえるプログラム。
415-pro2.jpg


今年創立100周年の
リヨン国立管弦楽団のメンバーには
日本人女性ヴァイオリニストが
4人もいらっしゃいます。

スーパーソリスト(コンサートマスター)は
お母様が日本人のハーフの女性です。

団員の方に無税のチケットを取ってもらって
10€(1420円)でした。Kさん有難う!

前半は交響曲第1番。めったに聴けない曲でした。
モーツァルトが8~9歳の時に作曲していて、
さすが天才という貫禄でした。

指揮をしたギリシャ人は世界的に
有名なヴァイオリン奏者の
レオニダス・カヴァコスさんでした。

2曲目は指揮棒をストラディヴァリウスに
持ち替えて、3番のヴァイオリンコンチェルト。
オリジナルのカデンツァも素晴らしかったです。

夢見心地の音色でした。さすがストラディヴァりウス!

休憩の後は41番の交響曲「ジュピター」でした。

こちらのコンサートの休憩時間には
売り子さんが客席にアイスクリームや飴を
持ってきてくれるので席で食べていいんですよ!

素晴らしいコンサートを有難う!

【野菜炒め】

昨日は大変豪華なお食事でしたので
今日は庭の初物のニラと
中華食材店で買った白菜の炒め物。
415nira1.jpg

味付けは初めて買ってみたヴェジタリアンソース。
415nira2.jpg

想像以上に甘くてビックリしました。
照り焼きソースより甘いかも…!
415nira3.jpg


【初めて読んでいただいた方へ】

ようこそいらっしゃいました!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

それではまた。★はるるん★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。