スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヨンでクリスマス寿司を作りました! 

12月25日はフランスの祝日だったので
友人達を招いてパーティーをしました。

みんなで一緒に楽しく2品『製作』しました~。

↓足りなかったブロッコリーも持ってきてくれたTさん!
DSC_0598.jpg
フランスで手に入る材料だけで作りましたよ~!
DSC_0622.jpg
『寿司やのおかみさん』の『お寿司ケーキ』です。
DSC_0619.jpg
↓ケーキの型にラップをしいて押し寿司をして
 12個に切り分けて軍艦巻きを作りました。
 詳しい作り方は『寿司屋のおかみさん』のブログ
 ご覧になられて下さいね~!
DSC_0611.jpg
↓こちらは手まり寿司で作った
『寿司やのおかみさん』の『クリスマスツリー』です。
竹串に★をさして真ん中に立てました。
DSC_0615.jpg
↓卵焼きを星形で切り抜いてくれた12才のKちゃん。
DSC_0604.jpg
↓切り抜いた残りの卵焼きは寿司型ケーキの上にトッピング!
DSC_0605.jpg
↓25日は祝日ですから、生魚はさけて
 スモークサーモンを使いました。
DSC_0607.jpg
↓白身の魚はスモークされた『THON GERMON』です。
DSC_0609.jpg
↓ラップで茶巾を作りツリー型に重ねます。
DSC_0608.jpg
↓いくらもトッピングすると豪華になりますね!
 (茶巾寿司の盛り過ぎで崩れ始めています・・・!)
DSC_0631_20081227110624.jpg
↓Tさんがシャンパン持ってきてくれました。有難う!
DSC_0628.jpg
前日に作っておいたおかみさんのチーズケーキ』です。
DSC_0601.jpg
↓フランボワーズソースがよく合います。
DSC_0602.jpg
↓スーパーのお菓子材料売り場で買えます。
DSC_0603.jpg
↓マンゴーのシャーベット等を添えて美味しいデザートになりました~!
DSC_0635.jpg
みんなで楽しく作って楽しい食事になりました。

寿司屋のおかみさん』、簡単で素敵ななレシピを
どうも有難うございました~。

【このブログの今までの記事を検索するには?】

皆様からリヨンや近郊の街などについての
ご質問をいただきます。

以前に記事にしている場合が多いので、
まず左側の検索にお調べになりたい事を
記入なさってみてください。

『ブログ内記事検索』の欄です。

たとえば『アヌシー』と検索なさると
町の様子を写真付きでご案内しています。


【はるるん宛てのメールフォーム】

はるるんへのメールは
こちらからどうぞ。

このブログの感想やフランス、リヨンについての
質問などお待ちしています。

お返事は遅くなっても必ずします。
3日以内に返事が無い場合はお書きになられた
メールアドレスに間違いがある可能性が
ありますのでよくお確かめ下さい。

皆さんからのメールをお待ちしています。

名前欄は空白のままでも構いません!

ハンドルネーム(ニックネーム)と
メールアドレスは必ずお書きください。
 
メールフォームの画面はこちらをクリック!

今までどおりに記事に関するコメントは
各記事の下にある「コメント」をクリックして
コメントをお書き下さい。


【初めてお読みになられた方へ】

ようこそいらっしゃいました!
コメントを読むのを楽しみにしていますから
皆様、ぜひ一言をお願い致します!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

フランス生活全般への質問も受け付けますので
左にあるメールフォームに書き込んでください。
遅くなっても必ずお返事致します。


【あとがき】

初めて見ていただいた皆様も
毎日見てくださっている皆様も
これからも楽しいブログを続けたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いします。

リヨンに御旅行の予定の方など
どんどん質問をお待ちしています。

できる範囲でお手伝いさせていただきます。

それではまた。 ★はるるん★
スポンサーサイト

つきたてのお餅!&オルトプティ 

【ごあいさつ】

2006年はこのブログを始めた記念すべき年と
なりました。皆様からのコメントやメール、
有難うございました。

これからもリヨンの普段の生活の様子を
お伝えしていきますのでどうぞよろしく~!

今日の記事もいつものごとく
いろいろな話題をお届けいたします!
更新をさぼっていたので写真がたくさんです。


【おすすめ板チョコ】

最近スーパーで見つけたヴァニラ風味の
とろけるチョコ入りミルクチョコレートです。
301206c1.jpg



【日本文化の浸透ぶり】

FNAC(フナック)という書籍・文房具・家電・
オーディオ製品などを扱うお店に行きました。
301206u2.jpg

しっかり日本文化も浸透したようです!
301206u1.jpg



【これは何でしょう?】

食べ物ではありません!
これ一つ植えていたら…。
301206d1.jpg

2年間、掘り起こさずにいたら
こんなに増えました~!
301206d2.jpg

ダリアの花の根です。
来春あちこちに植えなおします。


【つきたてのお餅!】

N子さんがお餅を機械でついて
家まで届けてくださいました~!感謝感激!!!
301206m1.jpg

お皿もプレゼントしてくださいました!
301206m2.jpg

☆付きレストラン「ピラミッド」に
お食事にいらっしゃったそうです!
リヨンから40km南にあるヴィエンヌという
町にあるレストランです。
301206m3.jpg

つきたてですからナイフで簡単に切れます。
301206m5.jpg

オーヴンで軽く焼きました。
301206m4.jpg

パリで買ってきた美味しいお醤油と!
301206m6.jpg

韓国の「石海苔」と一緒に。もう最高!
301206m7.jpg

N子さん、本当にどうも有り難うございました~!


【フォアグラ】

Tさんから、嬉しいプレゼントをいただきました。
301206f1.jpg

彼女が作られた自家製のフォアグラは
今まで食べた中で最高のお味でした~!
301206f2.jpg

どうも有り難うございました。
私も来年はフォアグラ講習会に
行ってみたくなりました~!

【朝市・マルシェでお買い物】

この写真でそれぞれの大きさが
お分かりになると思いますが…。
301206n1.jpg

大きな大きなアヴォカドです。
301206a1.jpg

アボカドの種がみかんとほぼ同じ大きさです。
301206a2.jpg

半分を刻んだらこの量!
オリーヴオイル+レモン+お醤油+ごま塩で
あえて食べると美味しいですよ~!
301206a3.jpg

660gの牛肉の塊です。12€でした。
301206n2.jpg

フランス人女性Gさんからのプレゼントの
美味しいお塩を胡椒としっかりもみ込みます。
301206g1.jpg

フライパンで両面焦げ目を付けます。
301206n3.jpg

焦げ目が付いたらオーヴンで焼きます。
301206n4.jpg

盛り付けの写真は撮り忘れてしまいました~!


【オルトプティ】

ここはどこでしょう?
301206mm1.jpg

こんな張り紙もあります。
301206mm7.jpg

こんなにカラフルな絆創膏もあるんですね。
301206mm3.jpg

301206mm4.jpg

オルトプティと書いてあります。
301206mm2.jpg

ラテン語の意味の説明です。
目の矯正のための施設です。
病院ではなくオルトプティシィアンの
キャビネ(アパートの一室)に通います。
301206mm6.jpg

子供達だけではなく、私のような大人も
時々通って目の筋肉の訓練をします。
日本の眼科では「C」のマークがありますが
こちらではいろいろな表があります。
301206mm8.jpg

字の読めない子供達用ですねぇ~!
301206mm9.jpg

アルファベットはこちらの発音が
通じない時もありました…。
301206mm10.jpg

そういう時はやっぱりこれがあると助かります!
301206mm5.jpg


【新しいメールフォーム】

はるるんへのメールは
こちらからどうぞ。

このブログの感想やフランス、リヨンについての
質問などお待ちしています。

お返事は遅くなっても必ずします。

皆さんからのメールをお待ちしています。

名前欄は空白のままでも構いません!

ハンドルネーム(ニックネーム)と
メールアドレスは必ずお書きください。
 
メールフォームの画面はこちらをクリック!

今までどおりに記事に関するコメントは
各記事の下にある「コメント」をクリックして
コメントをお書き下さい。

【初めて読んでいただいた方へ】

ようこそいらっしゃいました!
コメントを読むのを楽しみにしていますから
皆様、ぜひ一言をお願い致します!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

フランス生活全般への質問も受け付けますので
左にあるメールフォームに書き込んでください。
遅くなっても必ずお返事致します。

【あとがき】

初めて見ていただいた皆様も
毎日見てくださっている皆様も
これからも楽しいブログを続けたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いします。

リヨンに御旅行の予定の方など
どんどん質問をお待ちしています。

できる範囲でお手伝いさせていただきます。

それではまた。★はるるん★

壁絵&韓国・日本食材店 

【リヨン8区の壁絵】

ULKO君とのお散歩コースにある壁絵を
ご紹介します。
281206k1.jpg

8区の「エタズュニ(アメリカ)」地区には
トニー・ギャルニエという建築家の建てた
アパルトメント(マンション)群があります。
281206k3.jpg

幅広い道路をはさんで、両側にマンションが
立ち並んでいます。街並み自体が博物館に
なっています。
281206k5.jpg

マンションにはそれぞれ壁絵があります。
携帯電話のカメラですが雰囲気は伝わると
思います。
281206k4.jpg

絵の前には説明書きがあります。
281206k2.jpg

まだまだたくさんあるので
少しずつご紹介しますね!


【日本食材のお店】

私がリヨンに来た頃はパール・デューの
ショッピングセンターに「大丸」が
ありましたが、閉店になったあとしばらくは
中華街のお店に、ほんの少しだけの
日本食材が置いてあるだけでした。

現在はメトロのサックス・ガンベッタから
歩いてすぐの所に日本人経営のお店があります。

日本人経営の日本食材店・「かづき」さんの
ホームページはこちらをクリック!


「かづき」のお隣の美味しいショコラティエ、
「モンテラ」さんのホームページはこちらをクリック!

同じメトロから反対側に歩いたところに
KIMUCHIというお店があります。
いつも車で前を通るだけだったので
お店に歩いて行ってみました。
281206m1.jpg

日本食、韓国食、BIO食材、
日本や韓国の置物もあります。
281206m2.jpg

281206m6.jpg

281206m5.jpg

数年前のリヨンでは考えられない
品揃えです!
281206m4.jpg

ししゃも8尾で4,7€(730円!)です。
高価なのでお正月用に買いました。
日本在住の皆さん、笑わないでくださ~い!
281206m7.jpg

キムチ餃子と野菜餃子も美味しかったです。
キムチはかなり辛かったです!
281206m9.jpg

いわしのつみれはお鍋に入れたら
とってもいいお味でした。
281206m10.jpg

韓国豆腐は中国豆腐より柔らかく
日本豆腐に近いです。
お饅頭もおいしかった~!
ホットケーキミックスは日本の物と
微妙に風味が違いました。
281206m11.jpg

有機農業の玄米もありました。
雑穀と混ぜて炊くと美味しいですよ~!
281206m12.jpg

韓国のお菓子を買ってみました。
281206m8.jpg

フライパンで軽く温めます。
281206m14.jpg

餡ははちみつ味です。
牛乳が欲しくなる味です。
281206m15.jpg

お店の韓国女性がお菓子の食べ方を
やさしく説明してくださいました。
281206m13.jpg

281206m3.jpg

高価とはいえ、リヨンでも日本食材が
いろいろ手に入るようになって
随分暮らしやすくなりましたねぇ~!

【新しいメールフォーム】

はるるんへのメールは
こちらからどうぞ。

このブログの感想やフランス、リヨンについての
質問などお待ちしています。

お返事は遅くなっても必ずします。

皆さんからのメールをお待ちしています。

名前欄は空白のままでも構いません!

ハンドルネーム(ニックネーム)と
メールアドレスは必ずお書きください。
 
メールフォームの画面はこちらをクリック!

今までどおりに記事に関するコメントは
各記事の下にある「コメント」をクリックして
コメントをお書き下さい。

【初めて読んでいただいた方へ】

ようこそいらっしゃいました!
コメントを読むのを楽しみにしていますから
皆様、ぜひ一言をお願い致します!

過去の全記事リスト←クリックを読めますのでお暇な時にどうぞ!

フランス生活全般への質問も受け付けますので
左にあるメールフォームに書き込んでください。
遅くなっても必ずお返事致します。

【あとがき】

初めて見ていただいた皆様も
毎日見てくださっている皆様も
これからも楽しいブログを続けたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いします。

リヨンに御旅行の予定の方など
どんどん質問をお待ちしています。

できる範囲でお手伝いさせていただきます。

それではまた。★はるるん★

BIOスーパーの食品 

BIOのスーパーには、変わった食品があります。
↓これは皆さんよくご存知の食品ですが…。
109_0955.jpg

TOFUの文字の通りお豆腐なんですが
黒オリーヴが交ぜ込んであるので
見た目はアオカビチーズもどきです。

切ってサラダにのっけて、食べます。
お豆腐だと思わないで食べれば美味しいです。
歯ごたえのあるお豆腐です!
ちょっとお味噌汁にはむきませんね~!
もちろん白い普通のお豆腐もあります。硬いですが。

↓こういうバリエーションもあります。
109_0964.jpg

カレー味でPAVOT(けしの実)のトッピング。
フライパンで両面5分温めて食べる
ベジタリアン用のハンバーグです。

↓こちらも、日本でよく食べる食品ですが…。
109_0952.jpg

左が小豆。350g、2,1ユーロ(298円)
右は大豆。175g、1,53ユーロ(217円)

↓普通の小豆もあります。
109_0954.jpg

こちらには豆を甘く煮る習慣がないので
小豆の食べ方は、野菜や肉と塩で煮込む料理です。

オートミールのようにつぶしてある状態を
FLOCON(フロコン)といいます。

↓これは何のフロコンでしょう? 
109_0958.jpg

一人前大匙4杯を500mlのお湯の中で2分茹でたら
火を消しふたをして15分で食べれます。

塩味でも砂糖味でも良いと説明してあります。

日本では見かけないと思いますが、お米です!
おかゆを一人分作るのが面倒な時に便利です。

普通の野菜スープにいれても
とろみ代わりになります。

↓甘味料も買いました。
109_0957.jpg

左がタイムの蜂蜜。
真ん中が米飴。RIZはお米の事です。
右はゴマペースト+とうもろこし飴+麦飴+黒糖。

パンに塗ったり、ホットケーキに塗ったり
お菓子を作る時に白砂糖の代わりにも使います。
タイムの蜂蜜は喉が痛いときにいいみたいです。

↓お醤油も買いました。
109_0948.jpg

左が普通のお醤油。右はたまり醤油です。

お醤油の会社ページ

BIO(有機農業)の食材はお値段が高いのですが
私は勤め先から毎月19枚(病欠すると減ります)発券される
レストランチケットで支払います。

私の職場のチケット1枚は6,5ユーロ(923円)ですが、
半分を雇用主が支払ってくれるので
毎月の給料からは1枚につき3,25ユーロ
(461,5円)引き落とされるのです。

会社の中に社員食堂がない所の多くは
このチケットシステムを採用しています。

リヨンにはレストランがたくさんありますから
このチケットで半額で食べれる方が
毎日同じ食堂で食べるよりもいいですし。

レストランに行かない人も、スーパーで
食料品を買ったり、お肉屋さんでお肉やお惣菜を
買ったりできます。
私はもっぱらBIOのお店の調味料や食材を買います。

↓このマークのお店でチケットが使えます。
109_0946.jpg


私はベジタリアンではないので、お肉も食べますが
朝市のおじさんと顔見知りになり、
いつも相談してお肉を買います。

↓おじさんのお惣菜3品です。
20060308015418.jpg

20060308015351.jpg

20060308015330.jpg


3月7日のバスやメトロのストライキは3分の2ほど
動いていましたので、助かりました!
朝と夕方の渋滞はいつもより多かったです。

それではまた。★はるるん★

やっぱり和食だ! 

↓友人M君の写真です。
20060209212122.jpg
クリックすると拡大します。


日本で生まれ育った私は「醤油味」「味噌味」
「お出汁味」がキレルと禁断症状が・・・。
仕事の都合で外食の日々が続くと、食べ物と消化酵素の相性が
どんどん悪くなって、家にたどり着くや、
ご飯にお茶漬けの素をかけ、梅干、そしてお醤油をたらし、
鰹節なんかものっけてホッとするわけです。

リヨンは近年日本食の材料が手に入りやすくなりました。
日本人経営のお店が出来ましたし、中華街の何軒かに
日本食材のコーナーがあります。

我が家の近くには中華大型スーパーも出来て大助かりです。
最近そこで日本製の「もみじ饅頭4個&栗饅頭4個セット」を
3,9ユーロで見つけて大喜びで、フランス人にも
食べさせてみたところ大好評。
こちらは、豆を甘く煮るという習慣がないので、
「黒いクリーム」が「豆」だというとびっくり!

野菜は新鮮な白菜、ねぎ、生姜、春菊、もやし、しいたけ、
さといも、チンゲンサイ等があり、
蓮根はすでに皮をむき1cmの輪切りの冷凍物が手に入ります。

わかめ、のり、こんぶ、きくらげ、お茶、わさび、がり、
調味料等、ここ数年の日本食ブームのおかげで
手に入りやすくなって嬉しいです。お値段はかなり割り高ですけど。

最近はフランス語として通用するようになった
「sushi」ですが、私がリヨンに来た頃は、
まだ1軒も日本人経営の日本食レストランはありませんでした。

今や、フランス語の言い回し的に言うと
「きのこがあちこち生えてくるように」増えました。
中国人や韓国人の経営者さんが多いので、デザートの欄に
「ココナッツ味」のものがあったりして楽しめます!?

今日初めて掲載した写真は、私の大学の同級生で、
旧東ドイツに10年住んでいて「味噌」「納豆」「肉まん」等を
趣味で手作りしているM君の作品です。
話題に関係ない写真ですけど、美しいので写真掲載の”実験”への
許可をいただきました。

M君は日本食材をベルリンまで車を飛ばして買出しに行き、
魚は近くの日本人達となんとオランダから空輸してもらって
共同購入しているそうです。
個人輸入で魚とは・・・! ユーロになってよかったね~!

リヨンは鮮魚がスーパーや朝市で買えます。
鰯、鯖、鯛、鮭、鮪、貝類、蟹、海老などがありますが、
おすすめは「あんきも」です。1パック、1,5~2,0ユーロで買ってきて、
お鍋に入れたり、酒蒸しにします。
先日もスーパーのレジで後ろに並んでいるマダムに話しかけられ、
「魚のフォアグラですよ。」と説明しました。

鮮魚売り場のお兄さんにフランス式の調理法を聞いてみたら
「エスカルゴの食べ方と同じだよ~。」・・・。
たっぷりのバターにニンニクのみじん切りを入れ、
あんきもをソテーして塩コショウをし、
最後にパセリのみじん切りをのせるんだそうです。

やっぱり酒蒸しにポン酢がいい~!というのが私の本音です。

それではまた。★はるるん★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。